2022年8月11日 (木曜日)

いろいろと壊れます。

先週ノートPCがやや壊れまして修理しました。先週はガラケーが不通になりまして修理中です。いまは代替機を使っています。

昨日はUSBメモリからデータが読み取れなくなりました(厳密に言うと、データを読み取るのに、ワード1枚でも数十分かかります)。私の仕事データは、すべてUSBメモリに入っているため、とても困っています。図書の原稿も、そこにあり、これが一番の問題です。大学の講義資料もそこにあるし、いろいろと不都合が生じています。

さらに、一昨日はスマホの画面が見えなくなりました(私は二台持ちですが、ガラケーが中心です。スマホはLINEくらいで使用しています)。

相次いで、あれこれ壊れてしまい困っています。まずはデータの復旧に注力します(何社か復旧業者に連絡し、確認しているところです)。

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日曜日)

ホテルの窓から。

1655420853804

先日、宿泊したホテルの窓からです。きっと急いで撮影したので、ややピンボケしています。

「シティプロモーション全国調査から考える今後の展望」というテーマで寄稿しました。【こちら】にあります。別の雑誌には「廃校活用で地域に賑わいを」で寄稿しました。【あちら】にあります。引き続き「事業構想」や「日経グローカル」などでは、連載を進めています。

ゼミナール活動も活発に動いており、東大和市での取り組みが記事になりました。【そちら】にあります。横須賀市教育委員会では、ゼミ生がファシリテーターを務めてきました。【ここ】に詳細があります。

そのほか、時間をみつけて、現地に行く日々です。何かとドタバタしています。

ドタバタしすぎで、先日は、講演会場に腕時計を忘れてしまいました。さらに、この前は別の研修会場にノートPCのACアダプタを忘れてしまいました。我を忘れないように注意したいと思います。

今週も精力的に、ゼミナール活動、自身の研究活動に動こうと思います。


| | コメント (0)

2022年7月11日 (月曜日)

重たい鞄。

1656201873271

先日、宿泊したホテルの窓からです。こちらは連泊でした。少しずつホテル暮らしが増えてきました。同時に、拡大傾向にあった体重が減少し始めています。何よりでした。

この前、1日に審議会を3つ入れました。移動が大変だったのですが、それ以上に大変なことがありました。
最初の審議会で、「今日は暑いですから」とペットボトルのお茶を2ついただきました(1つ断ったのですが、断り切れませんでした)。

次の審議会でも、また水等のペットボトルを2ついただき、最後の審議会でもペットボトルを2つくれたので、鞄の総重量がペットボトルだけで3kgになってしまいました。そのほかパソコンとか、審議会の過去の紙資料(これが厚い)があるので、5kgは余裕で超えています。10kgはいかないけど、それなりに重さがあります。。。

炎天下の中、水商売人でもないのに、水を持ち運び、死にそうになりました。

ちなみに、いずれに審議会も「いりません」と断ったのに、「いやいや、そういわずに持って行ってください」的に言われてしまい、泣く泣くもって帰ることになりました。

次回も、こういうことがあったら、キレて断ろうと思います。


| | コメント (0)

2022年6月12日 (日曜日)

ホテルの窓から。

1654436686574


先日、連泊したホテルの窓からです。今年度は、ちょくちょく、こちらのホテルに宿泊することになりそうです。

本日は、大学院の中間審査(9月修了)でした。私が担当している学生さんが2人いまして、その学生さんたちよりも、実は私(主査)も緊張しています。当たり前ですが、落とさせるわけにはいきませんから、「他の審査の先生から文句がはいったらどうしよう・・・」と、終始ドキドキしています。今回「も」無事に終了してよかったです。3月修了生も6人(だったかな)いますので、引き続き、私自身に気合をいれて、やっていきたいと思います。

私の論文審査(修士と博士)の時も、きっと指導教授は、こんな感じだったのだと思います。特に博士論文の時は、大学外の外部審査から、文句(⇐という書き方は正しくありませんが)がはいり、かなりもめたと聞いています。口頭審査中も、その先生から、何度もしつこく突っ込まれ、説明に苦労した経験があります。口頭試問の時間も、かなり延びまして、想定時間の倍以上やりました。

私の口頭審査のあと、審査員の先生方で審査に入りますが、それも白熱したようで、指導教員から20:00くらいに「いま終わって、バスしたよ」というお電話をいただいた記憶が残っています(ただし、その後、結構、博士論文の修正をしました)。そんな指導教授も、先日、お亡くなりになりました。定期的にお電話し、お会いしていたのですが、それがもうできないのは、悲しい限りです。

お亡くなりになる前にいただいた、指導教授からのお手紙に「social capital論の視点を強く取り入れて頂きたく思っています」とあります。この研究を進めていくのは当然のこと、私自身、実践活動を通じて、social capitalの構築に取り組んで行きたいと考えています。

| | コメント (0)

2022年6月10日 (金曜日)

ホテルま窓から。

1641386029149

ちょっと前に宿泊したホテルの窓から見えた景色です。

先日、産経新聞にコメントしました。【こちら】にあります。地方創生に関することです。

本日は、日経新聞にコメントしました。【こちら】にあります。長と議会の対立に関してです。

来週は2紙の記者さんがみえます。なんか最近は、よくコメントを求められます。不思議です。

| | コメント (0)

2022年6月 5日 (日曜日)

ホテルの窓から。

1654436678505

先日、宿泊したホテルの窓から見えた景色です。連泊したので、別の日のブログに、同じような写真が登場すると思います。撮影した日時は異なります。

6月になったら時間ができる・・・と思っていたら、意外にドタバタした日々を過ごしています。先日なんて、午前、午後、夜に、それぞれ審議会が入っていて、ドタバタでした。いずれも会長をしているので、欠席するわけにはいきません。

午前と夜の審議会は、事前打合せが「ない」ので、私的には楽なのですが(審議会開催の直前に簡単に打合せをする)、午後の審議会は、事前打合せを行います。しかも事前に打合せをして、私の意見を伝えても、半分しか採用しなかったり(それはそれでいいのですが)、その打合せでなかったことが当日に審議に入っていたりします(だったら、事前打合せをする必要はないと思います)。温厚な私なので、荒立てることなく淡々と進めますが、M先生やI先生などは、審議中にブチ切れると思います。

しかも、その午後の審議会は、事前打合せになかった一つに「本日、M准教授さんから、全体の総まとめを、最後に振りますので、よろしくです」と言われ、当日、私(会長)に配付されている読み原稿(会長口述)に、私からの「総まとめ」が記されています。

私的には、いかに笑いをとるか・・・を、審議中に進行をしながら、ずっと考えていまして、「これで笑いのとれる総まとめだ」と確信し、あとは事務局から振られるのをまっていましたら、事務局は、私に振ることなく強制終了しちゃいました。「あれ、審議会の時間は、まだ残っているのに・・・」です。温厚な私なので、荒立てることはなく淡々と終了しますが、M先生やI先生は、総まとめで、星一徹ばりに机をひっくり返すと思います。

私は、笑いをとれなかった思いを悶々と抱え、移動し、夜の審議会に参加したのですが、その鬱憤があったため、夜の審議会では、最初からハイ・ギアで進め、かなり笑いをとれて大満足でした。委員の某先生から、帰り際に「今日の審議会、よく分からなかったけど、とてもおもしろかったです」とのことです。次回も、ドッカンドッカンと笑いがとれるように会長職を頑張ろうと思います。

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土曜日)

ホテルの窓から。

1653739834093

先日、宿泊したホテルの窓からです。こちらの県には、個人的にいろいろと関心があるので、いろいろと調べてつつ、貢献したいと思っています(どうやって貢献するかは検討中)。

修了したゼミ生との対談は【こちら】にあります。手前味噌ですが、上島さんのご研究は、とてもよいと思っているのです。特に議会に対するアンケート調査の回収率が高く、貴重な資料となっています。既に商業誌にご発表いただきましたが、機会をみつけ、またどこかに寄稿してもらいたいと思っています。

社会人大学院は、大学院生は、皆さん、その道のプロなので、ゼミナールとかで意見交換していると、私自身とても得ることがあります。まさに、「我以外皆我師」という感じでして、私自身の知見が大きくなっていることが実感できます。一方で、授業の準備や進め方のシミュレーションなどは、大変です(学部のゼミナールとかも大変と言えば大変ですが、社会人大学院のほうが、より大変かもしれません)。

土曜日は10:30~18:00まで、ずっと大学院の講義です。本日も無事に終わりホッとしてます(無事に終わったと思っているのは、私だけかもしれませんが・・・)。次回のゼミナール、講義運営にむけて、また準備していこうと思います。

| | コメント (0)

2022年5月26日 (木曜日)

スキップ型。

20220519_134028


先日、記事を書きました、自治体総合フェアのカンファレンスです。公民連携・共創がテーマでした。約80名参加者でした。登壇者の皆様、フロアーの皆様、ありがとうございました。

話は変わりますが、私が日常的に使用している最寄駅は、私鉄とJRがあります。朝の通勤時間帯に散歩しましたら、その私鉄とJRをつなぐコンコースを猛ダッシュする人たちが一定数います。

いろんなダッシュ形態があるわけです。それで論文が書けさうです。例えば、正当100メートル走型ダッシュの方がいたり、エリマキトカゲ型ダッシュの方もいます。猪突猛進型ダッシュ(ぶつかったら私は死んでしまいます)や、子どものいやいや型ダッシュ、肉弾戦型ダッシュなど、バラエティーに富んでいます。バラエティーに富んでいますが、皆さん、顔は真剣です。

そんな中でよーく観察していると、気が付いたことがあります。多種多様なダッシュ型があるのですが、(萩本)欽ちゃん走り型ダッシュは皆無でした。これは穴場です。さらに言うとスキップ型ダッシュも見当たりません。。。

朝の通勤時間・・・戦場と化している、乗り継ぎダッシュ大会において、欽ちゃん走り型やスキップ型を採用することは「差別化」になります(その差別化で勝てるかどうかは別問題です)。そういう人たちがいても、いいと思うわけです。

なので、今度、実際に私が実施してみようと思っています。何事も経験ですから。まずはやりやすいスキップ型から始めてみようと思います。

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日曜日)

ホテルの窓から。

1653090106166

先日、宿泊したホテルの窓から見えた景色です。

先日、自治体総合フェアに2日間コーディネーターとして参加してきました。カンファレンス終了後に「M准教授さん、2日間も登壇し、講師料はいってよいですね!」と言われました。そんなことはなく、明確にしておきたいのは、私には講師料は1円も入らず、完全無償のボランティアです(後日、交通費として1日あたり3000円が振り込まれるようです)。むしろ、2日間連続だったので、ホテルに宿泊したため、持ち出しがでている状態です。

19日に私が担当したカンファレンスは、私の持ち込み企画だったので、無償もありと思います。ちなみに、その時に参加者も、基本的に無償です(事務局から交通費の実費はでるようです)。20日のカンファレンスは、私の持ち込みではなかったのですが、事務局より依頼され、コーディネーターをすることになりました(そのカンファレンスの冒頭でも話しましたが、まったくの専門外です)。そして、こちらも完全無償のボランティアです。なので、「もうかってよいですね!」と言われましたが、実は、赤字の状態なのです。

ずっと「呼ばれるうちが花」と思ってきましたが、私もいい年齢ですし、年齢的にだんだんしんどくなってきましたし、同時に若手が育ってきているので(最近は、その若手に仕事を振っている)、そろそろ「呼ばれるうちが花」の方針転換しようと思っています。

| | コメント (0)

2022年5月13日 (金曜日)

大腸ポリープ切除のその後。

大腸ポリープ切除のその後ですが、本日、通院し結果を聞きまして「悪性ではない」とのことでした。多方面にご心配をおかけしました。

私が経験した大腸ポリープや十二指腸潰瘍は、痛みがなかったのですが(私が痛みがないだけであり、痛みがある人もいるかもしれません)、石灰沈着性腱炎は、それなりに痛みがあり、こっちのほうが困っています。で、本日は整形外科にも行ってきました。

お医者さん曰く「注射を打てば治るのだけど、場所が当たれば痛みはなくなるし、場所が間違えると痛みが続くのだよねぇ・・・」とのこと。まるで、宝くじのような話です。

カルテをみていて、既に3回注射を打っていることを認識したようで、残念ながら、過去の注射は当たらなかったことが立証されました。で、結局、今回も注射を打つことになり、今回は、今まで以上に真剣に注射を打ったように感じます。

私が、注射を打っていると、隣の診察室では、女性の患者さんが「朝、起きたら、顔が悪くなっているんですぅ」と訴えています。正直、どんだけ顔が悪くなっているのか見たくなりました。例えば、朝起きたら、口が裂けているとか、目が三つになっているとか、鼻が拡大しているとか・・・、とても気になりす。整形外科だから、アレが失敗したのかな・・・とも推察しました。

が、よーく、その患者さんと担当医の話を聞いていると、「顔が悪くなっている」のではなく「顔がむくんでいる」ということを言いたいようです。

そんな病院通いの合間の中、某自治体にアポなし訪問してきました。10年ほど前に、一緒に仕事をした方に会ってきました。会えたり、会えなかったりしましたが、久しぶりに伺えて、とてもよかったです。

というわけで、明日は、大学院です。誘われたら、飲みに行こうと思っています。

| | コメント (2)

2022年5月11日 (水曜日)

最近の取組み。

昨年度と比較して、いろんな意味で、プレッシャーがなくなり、自由な日々を過ごしています(張りつめていた気持ちがなくなったら、下血したりしているのですが・・・)。

ということで、最近は、漫画をずっと読んでいます。本日は「ウイングマン」全巻が届きました。先日は「みゆき」を買ってしまいました。「3×3EYES 幻獣の森の遭難者」も買ってしまいました。バレたら捨てられるので、一生懸命に隠しています。隠し切れなくなったら、研究室に運んでいるので、研究室は漫画で埋め尽くされつつあります。

話は変わりますが、いま、ゼミナール事前相談をしています。手前味噌になりますが、弊ゼミナールは、なぜか人気があります。昨年度までは40~60名の応募がありました(弊ゼミ人気のバブルがはじけて、今年度は少なくなるかもしれませんが・・・)。いろんな学生さんが事前相談に来てくれました。ありがとうございました。

ゼミナール事前相談にきた学生から、先日メールがありました。メールするだけ偉いと思います。そのメールを読んでいたら、最後に「事前相談により、ゼミに入ることを前向きに検討します」とありました。あっているような、あっていないような・・・。

別の学生は、事前相談にきて、私が「質問はありますか」と聞いたら、「何もありません」とのこと。何もないと、お互い黙っちゃうのだよね。私は基本的にニートなので、自分から話すことはありません(ちなみに審議会でも一委員の場合は一言も発言しないことが多々あります)。「何もありません」も、何となく違うような・・・。

別の学生は、私に質問があったのですが、「●●ゼミとの比較で、M准教授ゼミを僕にアピールしてください」とのこと。これも何となく違うような・・・。その学生さんには「アピールすることは何もないので、●●ゼミのほうがいいと思うよ」と回答しておきました(これは本心です)。

今年度も、いろんな学生に会えておもしろかったです。

| | コメント (2)

2022年5月 8日 (日曜日)

ホテルの窓から。

1648256088055
ちょっと前に宿泊したホテルの窓から見えた景色です。昨年度は、教務主任をしていたので、なかなか地方に行けなかったのですが、教務主任の任期が終了し、同時に、いろんな自治体から声をかけていただき、またホテル暮らしが少しずつ増えてきました。ただ、年齢的に、そろそろ、若い方に仕事は譲ろうと思っています。

10年前でウエストが10cmも増えて、困っています。特に、近年は毎年のようにスーツを買い替えています。昔は「痩せ」だったのですが、数年前から「普通」の領域に入ってきました。「痩せ」が基準で私の身体は成立していたので、「普通」だと、私の中では「デブ」でして、全体的に体調がいまいちです。

話は変わりますが、お世話になっている税理士さんから、私が申請できる行政の補助金を教えてもらいました。行政の補助金を申請したことがなく、何事も経験と思い、早速、資料を読み始めましたら、正直、わからないことばかりです(補助金の申請屋が存在している理由がよくわかりました)。また、集める資料も結構あり、大変です。一応、行政学を専門としているため、この分野の実体験しつつ、調査研究をしてみようと思っています。

まだ時間があるので、これから申請書類を集めて、補助金を申請しようとは思っていますが、行政は、補助金をあげたいのか、あげたくないのか、正直、よく分かりません・・・。

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土曜日)

ホテルの窓から。

1651798598748

先日、宿泊したホテルの窓からです。2017年以来の訪問のようなので、久しぶりでした。10年くらい前は、毎月のように伺い、こちらのホテルに宿泊していました。よい思い出です。

庁内を歩いていると、当日、お世話になった職員の方に声をかけていただきました。また、当時、一緒に活動した職員から部長や課長も登場しています。彼らとも談笑できまして、とてもよかったです。

この談笑はとてもよかったのですが、帰り電車に乗っていると、一見で分かるヤバい人(女性)と目が合い、直観どおり、私は話しかけられ、私にとっての後ろ向きの談笑がはじまりました。

女性 「どこに行ってきたの?」
私  「●●●です」(電車内は混んでいるし、話しかけてこないで!)

女性 「●●●は、私の出身地なのです」
私  「そうですか!奇遇ですね」(そんなこと知らんがな!)

女性 「●●●には、こういう地域資源があり、こういう食べ物があるのですよ」
私  「仕事でいったのですから、行けなかったのですよ」(嘘です。時間はたくさんありました。もう私を放置して!)

という感じで、後ろ向きの談笑が続きます。スマホを取り出し、スマホを私はガン見して、話を遮ろうと試みますが、その女性は、そんなことはおかまいなしです。

女性 「この電車でどこまで行くのですか?」
私  「●●駅です」(これも嘘です。まさかついてくるの?)

女性 「●●駅は知っています。私もそこで降りようと思っています」
私  「●●駅で乗り換える予定です」(まぢでヤバすぎる。この窮地から脱出でる方法はないか?)

という感じで、続いていきます。周りの乗客は、絶対に私たち(私「たち」は正しい表現ではない)の会話を聞いているはずなのに、みんな無反応です。その女性が話しかけてくるので、やっぱ無視するのは失礼だし、と言って、話しかけられるのはイヤでし・・・なんて葛藤を抱えていましたが、途中の駅で、その女性が下りていきまして、ホッとしました。

よく考えたら、私は、(私が思う)よくヤバい人から話しかけられる傾向があります。以前の職場では、ランチ後、職場に戻ろうと歩いていたら、70歳くらいのおばあさんから「お父さん!」と声をかけられ、着いてこられて、恐怖を感じたことがあります(ちなみに、同僚の安藤さんは「お母さん!」と声をかけられていたことが判明しました)。そんな忌まわし思い出がフラッシュバックしてきました。

今年は、知らない人に話しかけられないように努力しようと思います(まずは金髪にして、まゆげをそり、サングラスをかけることから始めるか・・・)。

| | コメント (0)

2022年5月 4日 (水曜日)

ホテルの窓から。

1651440229490

先日、宿泊したホテルの窓からです。齊藤さんにお会いできてよかったです。お元気そうで何よりでした。

宿泊したホテルに漫画がおいていたので「暗殺教室」を一気に読んでしまいました。ヤフーニュースを見ていたら「寄生獣」の記事があったため、全巻購入して、自宅で一気に読んでしまいました。また別の日は「ウイングマン」の記事があったので、近々、全巻購入しようと思います。「寄生獣」や「ウイングマン」は大学の講義で使えないかと画策しているところです。

本屋で「ゴリラーマン40」を買い読んでいたら、昔を思い出し、今度、実家に行き、確か「ゴリラーマン」は全巻持っていた記憶があるので、物置を探してみようと思っています。

あと、連休は映画館に行き「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」を観たり、「ドライブ・マイ・カー」を見たりしています。

比較的、まったりしていますが、そろそろ体調も戻ってきたので、通常モードに戻ろうと思っているところです。

| | コメント (0)

2022年5月 2日 (月曜日)

ホテルの窓から考える三冠王。

1651440241490

先日宿泊したホテルの窓から見えた景色です。今年度は、定期的に、こちらの地域(団体)に行くことになりそうです。いろいろと問題はありそうですが、昨年度もいろいろと経験して、私の知見は蓄積されているので、頑張ろうと思います(蓄積された知見が使えるかどうかは別問題ですが・・・)。

今年度に入り「下血」し、よく考えたら、健康診断で「血尿」がひっかかりますし、さらに以前「吐血」しているので、何気に私は【出血三冠王】ということに気が付きました。しばらくは、このネタでやっていこうと思っています。

ちなみに血尿は、過去、何度か病院に行っていますが、原因不明です。ただ、医者さんに「痩せている人は、よくあるんだよねぇ~」と言われ、「そうなのかな」と思う日々です。

吐血は十二指腸潰瘍が原因でした。

下血は、今、結果待ちです。

先ほど、出血三冠王と言いましたが、出血三兄弟とも言えるかもしれません。いや、出血三国志かもしれません。もしかしたら、出血三銃士とも表現できそうです。

先日、政策関係の講演で、出血三冠王の話をしたら、爆笑でした。そのまま政策の話ではなく、健康の話で講演が盛り上がりました。これでまた、一つレパートリーが増えました。

何事も経験と実感する今日この頃です。

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月曜日)

健康日記。

最近は、私の健康日記となっています。

大腸ポリープ切除のあとの食事に「豆腐」がありました。ので、連想ゲームですが、豆腐と言ったら納豆もOKだろうと思い、先日、海藻類は不可だった失敗を繰り返さないつもりで、ずっと豆腐と納豆を食べていました。

昨晩、大腸ポリープに関してネットサーフィンしていると、実は納豆もダメでした。。。あぁ、なんて難しいのでしょう。
しかも、三食数日間納豆を食べていたので、とてもショックでした。

話は変わりますが、保険会社さんに電話しましたら、私の入っている保険は、請求対象になるとのことでした。25年くらい保険に入ってきて、はじめて保険を請求することになりました。月7千円くらい払っているので、良かったのか、悪かったのか・・・。

この健康日記(健康を取り戻す日記)は、しばらく続きそうです。

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土曜日)

体調不良の続きです。

新年度になり、下血がつづくので、大腸内視鏡検査をしてきました。何事も経験なので、よかったです。大腸にカメラを入れるまでが大変と聞いていましたが、想定していた以上に大変ではなかったので、よかったです。やはり、何事も経験と思いました。

ポリープがあり切除しました。連休明けに、再度、病院に行きます。

病院からいただいた資料に、「くだもの、海藻類、豆類、牛乳・乳製品・・・」とあるので、勝手に「切除後は、これらを積極的に食べた方がいいんだな」と思い、頑張って食べていたら、逆でした。避けるべき食品でした。先ほど、気が付いて、唖然としているところです。

しかも海藻類は、何となく傷口にいいと勝手に思っていまして、スーパーに行き、最高品種を買ってきて、浴びるように食べていましたが、真逆でした。とてもショックです。私は短期なので、気を付けようと思っています。

webで調べると、ポリープ切除は保険の対象になるケースもあるので、月曜日にでも、保険会社に電話して、私の入っている保険が対象かどうか聞いてみようと思います。いままでうん十年と保険に入ってきて、はじめての保険活用かもしれません。これもいい経験になりそうです。

 

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金曜日)

シンポジウムに参加してきました。

先日、新宿区の「データでみる新宿の再発見」というシンポジウムに参加してきました。私は金魚のフンのようなものなので、いてもいなくてもいいと自認しているのですが、少しだけ発言しています。

こちらの動画が【こちら①】と【こちら②】にあります。

当日、配付資料は、【こちら】で公開されています。

EBPMにご関心がありましたら、視聴ください(だんだんとEBPMからずれていくかもしれませんが・・・)。

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日曜日)

試験時間に考えていること。

1649389494935

先日、旅行に行ってきました。自宅から、行きは事故による渋滞があり、時間がかかったのですが、帰りは90分程度で帰ってこれました。意外と近いのですね。

先日、iJAMPポータルに記事を書きました。【こちら】にあります。シティプロモーションに関して全国調査を行い、プレス発表をしました。詳細は【こちら】にあります。

この週末は、図書執筆や修士論文の指導などをしようと思ったのですが、私が担当している講義がオンラインになってしまい、その動画を製作していました。対面のほうが手間暇かからないですし、問題発言(?)も言えるので、とても楽です。けど、動画になってしまったので、動画を前提として資料をつくっていこうと思います(ちなみに、私の授業運営は当てて受講生と意見交換しながら進めていくので、オンデマンドで一方的に話す真は、まだ慣れません)。

ところで、標記の件ですが、2月から3月にかけて、何回か試験監督をすることがありました。試験監督をするようになって、はじめてわかったのですが、(言い方に語弊がありますが)「とてもヒマ」なのです。不正行為を確認しようと、ずっと教室内を歩いていると、「靴の音がうるさくて試験に集中できない」という苦情が来たりします(私は、まだ、その苦情には遭遇していませんが)。なので、ずっと歩いているわけにはいかないのです。

と言って、何もせず椅子に座っていると、眠くなります。以前、試験監督が爆睡して、全国ニュースで取り上げられるということがあったので、私も気を付けなくてはいけないと思うわけです。眠くならないように、スクワットとか腕立て伏せをするわけにはいきません。なので、試験監督は、私にとっては、とても大変なのです。

今回は、椅子に座って、私の視線の先にあるカーテンを、ずっと「動け」「動け」と念力を送っていました。かなり頑張りましたが、結局カーテンは動きませんでした。つくづく私には超能力がないことを実感しました。

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木曜日)

ホテルの窓から。

1649818446484

先日、宿泊したホテルの窓からです。今年度は、こちらのホテルに泊まることも多くなるかもしれません。

この前、ブログに書いた件で、多くの心配の連絡をいただきますが、現状の私は、極めて健康です(と思っています)。体重も転職してから、継続的に増加しています。ちなみに、先日、高校生の時から着ていたジーパンを、サイズが合わなくなり(腰回りが入らない)、ついに捨てることにしました。「どんだけ着ているんだよ!」と突っ込みが入りそうですが。

話は変わりますが、今だから言えるのですが、修士論文の最終審査をしていて、その修士論文の審査が終わり、解放感に襲われた私は、机上に置いていた自分のパソコンを残したまま帰宅してしまいました。「とにかくはやく帰りたい」「この審査会場から離れたい」という一心だったのと思います。

最寄駅に行き、パソコンを鞄に入れていないことに気が付き、慌てて、部屋に戻りました。とても恥ずかしかったです。

審査を終えた当該学生さん以上に、きっと私が喜んでいたと思います。

新年度に入り、新しい学生さんから、修士論文が上がってきています。明日は、それをチェックして返信したいと思っています。修士論文は書く学生さんも大変ですが、指導教員も完ぺきではなく(特に私は不完全人間で)、勉強しなくてはいけないので、結構、私自身プレッシャーだったりします(おかげで知見が広がるのですが・・・)。

| | コメント (0)

«ホテルの窓から。