« 大学の講義が始まりました。 | トップページ | メガネが届きました。 »

2006年4月 9日 (日曜日)

民間のすごいところ。

明日中に(都内に)必着の書類があって、17時頃、私の住む郵便局(本局)に行った。そしたら(自信満々に)、「明日の必着は無理です」とのこと。また、対応も、あまりよくなかった(バイトのおばさんと思われる)。

そこで、隣の市(都内)の郵便局本局に行ったら、やはり、「明日必着は不可能」とのこと(こちらは、まぁまぁ対応が良かった)。

そこで、私が「明日、必着するために、何かしら手段はないですか」と聞くと、郵便局の職員さんは、きっぱり「ないです」との返事。つくづく、郵便局は使えないなぁ、と実感した。

ダメもとで、その後、コンビニに行って(時間は19時前)、「明日、必着は可能ですか?」と聞いたら、「問題ありません」とのこと。しかも、「配達時間も選べますよ!」とのこと。つくづく、民間はすごいなぁ、と思った。ちなみに、クロネコです。

こんなことじゃ、郵便局は勝ち残っていけないだろうなぁ、と思いました。それなりに努力しているんだろうが、もっと経営努力をすべきなのではないか?とも思いました。

話は少し変わるが、これからは、自治体も民間と競争していかなくてはいけない。自治体が、今日、私が経験したような郵便局のような状態だったら、自治体はやっていけないだろうなぁ。。。そんなことも、思いましたよ。

|

« 大学の講義が始まりました。 | トップページ | メガネが届きました。 »

コメント

そうですか。。。O野先生とお電話で直接話されるとは、すごいですね。私は、昨日、仕事の関係で文書を発送しました。お話しできる機会が来るといいなぁと思いますが、たぶんないでしょう。。。

投稿: ayazaki | 2006年9月10日 (日曜日) 23時41分

ayazakiさんに匹敵する郵便(局)マニア
を知っています。
岡野○秀先生です。先日、お電話しましたら、やはり、郵便行政や交通関係について、細かいところまで話されていました。
ayazakiさんと同じ雰囲気でしたよ。

投稿: M研究員 | 2006年8月29日 (火曜日) 12時42分

遅レスですが…

クロネコさんなど、宅配業者のよくないところは、住所変更に対応できないところでしょうね。私の自宅には、4月に引っ越して以来、前の居住者宛のメール便が大量に郵便受けに入っていて萎えます。郵便局はそういうところはきっちりしています。

実は郵便局マニアだったりするので多少郵便局を擁護したい気持ちもあるのですが、とりあえず一つ確実に言えるのは、M研究員さんがお住まいの地域は、全国でも屈指の「人口あたり郵便局数」の少ないところです。需要が供給を遥かに上回っているので、サービスが他の地域に比べて下がるのは止むを得ないところなのかもしれません。
また、東京23区内の人口あたり郵便局数は全国で比べても遜色ないレベルです。ということは、狭いところに多数の郵便局が林立している格好なので、非常に利便性が高いです。
簡単な数字で言うと、23区内:1100局、その他の都内:400局、神奈川県:800局弱という感じです。従って、郵便局どうしの競争は、23区内では激しいのだろうと想像されます。

投稿: ayazaki | 2006年8月24日 (木曜日) 12時01分

郵便局とは利害関係は全くありませんが、逆のケースを経験したもので。
日曜日に都内から神奈川県へ郵便物を送りたくてO田区(あまり伏字になっていない)の本局に行った時は、事前に電話で問合せたら22時くらいに最後の配送があるので、それまでに持ってくればなら間に合うと言ってもらえました。これは普通郵便で翌日、ちゃんと届きました。
コンビニの宅急便は大体の場合19時頃の配送が最後なので、この時ばかりは郵便局様々でした。
あとは、送付に係る料金の問題もありますので、一概に論ずるのはどうかなと思いますよ。

投稿: N研究員 | 2006年4月10日 (月曜日) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民間のすごいところ。:

« 大学の講義が始まりました。 | トップページ | メガネが届きました。 »