« 日経おねーさん。その5。 | トップページ | 「ちょっと・・・」が長い。 »

2006年5月27日 (土曜日)

(仮称)自治体政策ゼミに参加しませんか。

先日、(仮称)自治体政策ゼミを開催した。某自治体の方にも、ご参加いただきました。ありがとうございました。

誰でも、この(仮称)自治体政策ゼミに参加できますので、ご関心のある方は、ぜひ、ご参加下さい。1ケ月に1回のペースで開催していきます。

さて、そこでも、お話したのですが、最近の自治体って、本当に二極化してきています。どんな二極化といいますと、何かしら施策化・事業化をするにあたり、調査研究をすすめる際、①完全に外部の機関(シンクタンクやコンサルなど)にアウトソーシングしてしまい、その後は、ほとんど関与しない自治体(担当者)、②外部の機関と一緒になって汗を流して調査研究を進めていく自治体(担当者)、です。

どちらがいいのかな。まぁ、どっちがいいか判断はできないけど、私のスタンスは後者です。

私が仕事を請け負う場合、一緒に汗を流して、調査研究を進めていく自治体(担当者)でなくては、仕事を請け負わないです。

私一人で、当該調査研究を進めていくことは可能ですし、そっちのほうがラクなんですが、それでは、結果として、当該自治体の政策形成能力は向上せず、いつまでたっても、調査研究をアウトソーシングしなくてはいけないからです。これでは、私は21世紀の都市間競争に勝ち抜く、強い自治体にはなれないと思います。

で、つらつらと書いてきましたが、依然として、前者の「仕事丸投げ自治体(担当者)」が多いのが現状で、私的には「う~ん」という感じです(仕事を請け負う側としては、こう丸投げのほうが、「ラッキー」なのでしょうが)。

この前の(仮称)自治体政策ゼミに参加された自治体(担当者)さんは、どちらかというと後者で、一生懸命に汗を流しながら、施策化・事業化していくネタを足で稼いでいるようでした。

こういう自治体(担当者)さんのほうが、長期的にみると、必ずプラスになり(今は大変でしょうが)、都市間競争に勝ち抜く、強い自治体に変貌していくはずです。

と、こんな感じです。

|

« 日経おねーさん。その5。 | トップページ | 「ちょっと・・・」が長い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (仮称)自治体政策ゼミに参加しませんか。:

« 日経おねーさん。その5。 | トップページ | 「ちょっと・・・」が長い。 »