« 「一つ・・・」「一つ・・・」「一つ・・・」いったいいくつあるんだ? | トップページ | 「やさしい人」と「やらしい人」 »

2006年5月30日 (火曜日)

最近の子どもたち

この前、子どもたち(小学生)と話す機会があった。いろいろと話して、私が「じゃ、また次も、いろいろと教えてよ」と言うと、子どもたちは「いいよ☆」という。

この後が驚いた。

何が驚いたって、突然、システム手帳を取り出したのだ。しかも、全員。おいおい子どもだろ?何で、お前たち、システム手帳なんか持っているのだ?しかも、手帳の中身が、私より整然と整理されているし・・・

子どもA「う~ん、その時間帯は塾があるんだよね。M研究員さんはどう?」

私「私は空いていますけど、この日はどう?」

子どもB「ごめん、その日は、遊びの先約が入っているんだ。M研究員さん、違う日はない?」

私「まじで。すみません。。。なら、この日はどうかな?」

子どもC「ダメダメ。そんなに僕らヒマじゃないんだよ!」

などという。何だ、結局、私が一番ヒマだった(なぜか、小学生に負けた気分)。

子どもが忙しいことは、統計的に把握していた。というのも、昨年度、横須賀市子ども育成部青少年課で専門委員(地方自治法174条)をして、青少年プランの策定に関与したから。

けど、実体験として、子どもたちが、自分たちの遊ぶ時間も、システム手帳で確保しているのには驚いた(これは、私は特異な例と思いたいが)。

個人的には、こういう現状を目の当たりにすると、日本は、あまりいい方向に進んでいないような気がする。。。

どうなんだろう?

|

« 「一つ・・・」「一つ・・・」「一つ・・・」いったいいくつあるんだ? | トップページ | 「やさしい人」と「やらしい人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の子どもたち:

« 「一つ・・・」「一つ・・・」「一つ・・・」いったいいくつあるんだ? | トップページ | 「やさしい人」と「やらしい人」 »