« 市民参加と協働の違い。 | トップページ | ウエーブヘア »

2006年6月 7日 (水曜日)

現場には多くの発見がある。

いま、某N自治体の政策創出に関わらせていただいている。こんなに嬉しいことはない。現場に行って、担当者さんたちの声を聞き、そして担当者さんたちと一緒に汗を流して、政策を創出していく。。。これは、(研究者にとっては)すごく贅沢なことである。

その担当者さんたちが、一緒に汗を流すことを嫌がらない。

依然として、多くの自治体(の担当者さん)は、結構、一緒に汗を流して創りあげていくことを嫌がる方が多い。つまり、完全、丸投げの場合がある(中には、下請け感覚でいる人もいる)。

一緒に汗を流して、創りあげていくことを嫌がらない自治体(の担当者さん)は、たとえ、その政策が創出できなくても、その過程は、決して無駄にならず、自治体(の担当者さん)自身の糧となっていることは間違いない(そういやK市もそうだな)。

感謝感謝である。

こういう機会を紹介してくださったN氏、S氏にも感謝である。

しかし、現場の声を聞くのは、すごくいい。

私がおせわになったY自治体のT課長は、「(自治体シンクタンクの特長として)自治体の政策形成能力を高めるためには、基礎(学術)と応用(実践)を融合する研究が必要であり、そこに民間シンクタンクにはない自治体シンクタンクの存在意義がある」と述べている(金安岩男・横須賀市都市政策研究所『自治体の政策形成とその実践-横須賀市の挑戦』(ぎょうせい、2003年) )。

(研究者が)自らが習得した「学術」を現場で「実践」できるのはすごく贅沢である(このことを理解せず、机上の学問の研究者が依然として多いけど、それはそれなりに価値があると思っている)。本当に感謝の日々である。

というわけで、これからも、少しでも貢献できるように、気持ちを新たにしているところです。

|

« 市民参加と協働の違い。 | トップページ | ウエーブヘア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場には多くの発見がある。:

« 市民参加と協働の違い。 | トップページ | ウエーブヘア »