« 右パネラーのその後。 | トップページ | ブログの反省。 »

2006年12月28日 (木曜日)

大学の分校化。

分校とは、「学校の一部を本校の所在地以外の所に分設したもの」という意味である。

この前、あるシンポジウムに参加して(やばいシンポジウムではない)、次のような発言があった。

「私の勤務している大学(地方の単科大学)は、間違いなく、数年後にはなくなるでしょう。ただし、学生もいますから、きっと(大手大学の)分校となると思います。」

この発言を聞いたとき、妙に納得してしまった。

大学全入時代を迎え、大学間にも、勝ち組と負け組が、はっきりとしつつある。

負け組の大学は、倒産を回避するため、大手大学の分校化を選択するかもしれないなぁ・・・なんて思った。

例えば、早慶大学秋田校舎とか、早慶大学鹿児島分校など。実際に、それに近い動きが起こりつつあるし。

これって、大学に限らず、自治体にあいても起こる可能性があるし、(誤解を覚悟で言えば)自治体間のM&Aも活発化してくると思っている。

このシンポジウムは、学ぶことが多々あり、アタリだった。

|

« 右パネラーのその後。 | トップページ | ブログの反省。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の分校化。:

« 右パネラーのその後。 | トップページ | ブログの反省。 »