« 最近の私。その2。 | トップページ | 自治会の加入率の低下について。 »

2007年5月19日 (土曜日)

自治会の役員会に参加して。

自治会の役員会に参加した。なかなかおもしろかった。

自治体とは「一定の地域内に住む人々が、より良い環境および充実した生活が営まれるように、お互いが協力し合い、運営している自治組織(地縁団体)」と定義することができる。

この自治体の加入率が低下してきている。これは都市圏の自治体における共通の問題であるようだ。

私が住んでいる地域も、「マンションとして自治会に入らない」と決めているマンションもあり、自治会の加入率が低下してきているようである。

まぁ、入らないのも理解できる。最近の人は(私も含めて)、自治会に入ることによるメリットが「見えない」ことには入らないと思う。

地域の運動会に参加したくないし、お祭りにも行きたいとは思わない。自治体に加入し、結束力のある地域は、「災害の時に結束力があり、被害が最小にとどまった」という報道があるが、それって科学的に証明されているわけではない。

そもそも、結束力のある地域と結束力のない地域を比較して、被害の状況を比較していないし、そんなことはではないので、「災害の時に結束力があり、被害が最小にとどまった」は根拠のない通説にすぎないと思う(が、そうでもないかもしれないので、この点は後日言及する)。

話はもどるが、自治会の加入費が一ケ月あたり400円とられるらしい。年間で4,800円である。

たかだか4,800円で、ぐたぐたと言いたくないが、そのことを聞いて、その時は「これ(4,800円)って自治会費という名のかりた税金ではないか」と思った。

その後、この自治会費の使い道として、一例として、防犯カメラの設置に係る費用をあげていた。

防犯カメラ設置に係る費用を「自治会に加入している人たち」が自治会費として払い、防犯カメラに設置に係る費用を「自治会に加入していない人たち」は負担しないことになる。

これって、「自治会に加入していない人たち」のフリーライダー行為じゃないだろうか。

ここに「自治会に加入している人たち」と「自治会に加入していない人たち」に不公平が生じることになる。ならば、この自治会費は、税金として徴収してしまい、その後、自治体が各自治会に人口規模に応じて配分した方がいいと思われる。

どうなんでしょう?

何れにしろ、自治会って初体験なので、今は結構おもしろいです。

|

« 最近の私。その2。 | トップページ | 自治会の加入率の低下について。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治会の役員会に参加して。:

« 最近の私。その2。 | トップページ | 自治会の加入率の低下について。 »