« 質問返し。 | トップページ | 最近買ったもの。 »

2007年7月10日 (火曜日)

住民ニーズと住民ウォンツ②

昨日のつづきだけど、自治体を取り巻く、これからの時代は「都市間競争」といわれている。

住民や企業などの獲得を目指して、自治体どうしが競争する時代といわれている。

そういう時代がくるのならば、「住民ニーズ」を確保し、そのうえで「住民ウォンツ」も満たしていかなくては、住民や企業は獲得できないし、自らの自治体から住民や企業が転出・移転しまうことになる。

で、自治体が「住民ウォンツ」を満たそうとすると、当然、お金が必要になる。けど、いまの多くの自治体はお金がない。お金がない中で、「住民ウォンツ」に取り組むとなると、それは、いくつかの「住民ニーズ」を切り捨てるしかないのかなぁ・・・なんて考えている。

となると、このことが、自治体政策の「選択と集中」ということになるのかなぁ・・・なんて深夜に考えている(「選択と集中」ということは、何かを「切捨て」なくては「選択」も「集中」もできない)。

意外に、この問題は難しそうだ。

|

« 質問返し。 | トップページ | 最近買ったもの。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住民ニーズと住民ウォンツ②:

« 質問返し。 | トップページ | 最近買ったもの。 »