« 今週の格言。 | トップページ | 夏子の酒。 »

2008年6月 6日 (金曜日)

目次のつくり方について。

何の脈絡もなく、作成している「論文作成講座」ですが・・・今回は、目次の作成について言及したいと思います(報告書の目次と論文の目次は、若干、異なるけど、一緒にして考えます)。

とりあえず、目次を検討する前に、確認しておきたいことは、「あまり深く考えない」ということです。シンプルに作成することが大事です。

あとは、既存の報告書や論文などから、「模倣する」ことも大事です。いくつか模倣し、そこから、自分なりの目次を創っていけばよいと思います。

例えば、ヤフーで、「報告書●目次」で検索すると(「●」はスペース)、いくつか報告書がひっかかってきます。

こここれに、こんなのがあります。こういう目次を参考にし、目次を作成していけば、よいです。

ところで、以前、こちらで「テーマは詳しく設定すること」という内容で、お話しました。そこでは、一つの事例として、次のテーマを記しました。それは「わが国における携帯の展望と今日的意義に関する研究」です。

このテーマの目次を考えると、

1 はじめに

2 携帯の展望

3 携帯の今日的意義

4 おわりに

となります。極めてシンプルでしょ。「そんなものでいいのか?」という声が聞こえてきそうですが、「そんなものでいい」と私は思っています。

報告書や論文は、読まれないと意味がないので、「読みたくなるよう」に、簡素に作成することが大事です。

で、上記したのは、「章」ですから、今度は「節」や「項」を考えていきます。

例えば、「1 はじめに」に関して言うと、

1.1 本研究の背景

1.2 本件級の目的(なお、この目的は「4 おわりに」と関係性を持つ)

1.3 本研究の手法

1.4 本研究の概要

などと、「節」をつくっていくのです。ちなみに、この節は、他の報告書や論文を参考にして組み立てていくとよいです。

・・・どうでしょうか。何となく理解できましたか?

|

« 今週の格言。 | トップページ | 夏子の酒。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目次のつくり方について。:

« 今週の格言。 | トップページ | 夏子の酒。 »