« 危機管理。 | トップページ | 大学崩壊。 »

2008年6月27日 (金曜日)

自治体政策ゼミに参加して。

先日、参加した自治体政策ゼミで、なかなかいい知見をいただきました。ありがとうございました。

海外の事例ですが、市町村合併を進めた某国は、合併を解消して、元に戻る事例が、まぁまぁあるようです。

これは、私が提唱(?)している「市町村離散」に近いです。

まったく個人的な見解ですが、私はいろんな自治体に行って、話をきているのですが、市町村合併で、「おおっ!これは素晴らしい!大成功な市町村合併だ」という市町村合併にお目にかかったことはありません、現時点で。

ほとんどが何かしらの摩擦や障害を抱えています。

小さな摩擦や障害のうちに気がついて、なおすことに成功すればいいのですが、そんな小さな摩擦や障害は無視無視、放置状態にあります。

そうなると、その摩擦や障害は大きく育っていき、なおそうと思った時は手遅れになり、それならぱ、「市町村合併を解消して、元に戻りましょう」なんてことは十分に起きると思います。

海外には、こういうことがあるのですね。勉強になりました。

あと、勉強になったことは、某国は二院制を採用しているのですが、一つが国民の選挙で選ばれた国会議員さん、もう一つが自治体の代表(首長や地方議員)である、ということも知りました。

これもいいシステムですね。そんなこと思いました。

基本的に私は耳学問なので、こういう勉強会は大変に参考になります。ありがとうございました。次回も、よろしくお願いします。

なお、自治体政策ゼミは、誰でも参加できますので、ご関心のある方は、ぜひ、ご参加下さい。詳細は、こちらです。

|

« 危機管理。 | トップページ | 大学崩壊。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治体政策ゼミに参加して。:

« 危機管理。 | トップページ | 大学崩壊。 »