« 地方都市から考える。その2。 | トップページ | こんな一日。 »

2008年7月 9日 (水曜日)

地方都市から考える。その3。

いわき市に行った時に、某(財)日本都市センターのS研究員さんから「いわきは海産物がよいですね」という助言をいただき、滞在中は寿司三昧でした(ただし、駅前の回転寿司)。

気分的においしい感じでした。S研究員さん、貴重なアドバイス、ありがとうございました。

ところで、私の趣味は、旅先から、絵はがきを認めるということなんですが、いわき市には絵はがきがありませんでした(残念)。なので、夜は、すごくヒマな日々で、結局、コンビニに行って立ち読みしたり、街中を徘徊したりと、普段と変らない生活でした。

今回、一つの重要なテーマとして「中山間地域」がありました。具体的にいうと「中山間地域をどうするか」ということなんです。けど、私の中では、その方向性(落としどころ)が、ほとんど見えてきません。

その理由を考えると、「中山間地域の何が問題なのか」ということがクリアになっていないからと思います。また、最近、「中山間地域!」「中山間地域!」と言われるようになってきていて、この傾向に、ちょっと胡散臭さを感じています。

というのは、中山間地域が問題ならば、昔から、それが指摘されていたと思うんですが、ここ近年、急に言われてきているような思うのです(この点については、いま調べています)。

大抵、急に言われてきたことは、何かしら(政治的な)意図があり、気をつけなくてはいけないと思っています。

何れにしろ、現場を見ないことには、何とも言えないので、近々、いわき市の中山間地域をまわってみようと思っています(一人ではつまらないので、大蔵大臣を誘ったら、速攻で断られました(泣))。

|

« 地方都市から考える。その2。 | トップページ | こんな一日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方都市から考える。その3。:

« 地方都市から考える。その2。 | トップページ | こんな一日。 »