« お出かけシリーズ。久須美さん編。 | トップページ | 最近の出来事。 »

2008年7月20日 (日曜日)

地域ブランド症候群。

最近、どの自治体に行っても、「地域ブランド!」「地域ブランド!」とうるさい

地域ブランドは手段であって、目的ではないのに、目的化している地域ブランドが多く、本末転倒していると言わざるを得ない。

そもそも、地域ブランド「づくり」と言っている時点で、その自治体は地域ブランドが目的化していることを意味している。

これからの自治体の目的は、人口や企業の獲得であって、その一手段として地域ブランドを捉えるべきである。

地域をブランドしなくても、別の方法で人口を獲得できるのならば、あるいは企業誘致が達成されるならば、地域ブランドに取組まなくても、よいと思っている。

・・・な~んて、考えている。

090710こんなデータを作ってみました。

これは、主要4紙において、「地域ブランド」という語句が一年間に登場した回数の推移です。

おおっ!急激に上昇している。

こういうのって、やばいよね。まさにバブル期に地価が急上昇したのに似ている。

自治体は、もっと地域ブランドを冷静にみる必要があると思っている。

むしろ、地域ブランドを、敢えて、批判的にみる必要があると思う。そうすることにより、本当の地域ブランドが見えてくると思います。

最近は、地域ブランドについて考えてきましたが、ここ数週間は、特に地域ブランドについて考えています。

|

« お出かけシリーズ。久須美さん編。 | トップページ | 最近の出来事。 »

コメント

お疲れ様です。
宮崎県知事が地域の特産物をPRしそれなりの効果がでたのを見た政治家が「地域ブランド」を押し上げているのではと思います。

投稿: TAKA | 2008年7月24日 (木曜日) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域ブランド症候群。:

« お出かけシリーズ。久須美さん編。 | トップページ | 最近の出来事。 »