« 政策づくりの輪。 | トップページ | ワークライフバランンスについて考える。 »

2008年8月31日 (日曜日)

『政策法務事典』について。

政策法務事典』が、9月に出版されます。

東京都立大学名誉教授の兼子仁先生と、上智大学法学部教授の北村喜宣先生に、関東学院大学法学部教授の出石稔先生による共編で、さらに自治体政策法務を研究、あるいは実践していらっしゃる研究者や自治体職員、総勢18名の手で編纂したものです。

私も執筆者の一人として参加しています。

編著者のお一人である出石先生には、私が横須賀市在職時から、ずっと今日までお世話になってきています。私がこの世界に入ったのは、出石先生と、横須賀市のT課長と、指導教授などのご縁があったからです。感謝感謝です。

ところで、「出石」先生の「いずいし」というのは、なかなかパソコンででてきません。ずっと私は「でるいし」とうって、「出る石」として、「る」を削除していたのですが、「いずし」とうてば一発で「出石」とでます。

これは、出石先生から聞いた豆知識です。

|

« 政策づくりの輪。 | トップページ | ワークライフバランンスについて考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『政策法務事典』について。:

« 政策づくりの輪。 | トップページ | ワークライフバランンスについて考える。 »