« 地域ブランドの正しい捉え方。 | トップページ | 自治体・公務員のイメージ川柳について。その2。 »

2008年9月26日 (金曜日)

みかん研究所といちご研究所

これも自治体シンクタンクだろうか・・・

愛媛県が設置した「みかん研究所」がある。また、栃木県は「いちご研究所」を発足させるそうだ。

なんて夢のある(?)研究所だ。

ちなみに、研究所長をおくから、「山田太郎・みかん研究所長」とか「山田一郎・いちご研究所長」という感じになるのだろうか。なんて微笑ましい研究所長だ。

こういう研究所がでてくると、そのうち「すいか研究所」とか「メロン研究所」とかもでてきそうだ。

さらに個別細分化して、「すいかジュース研究所」とか「メロンパン研究所」とかもでてくるのだろうか。いや、それぞれ研究所内に設置されるから、「すいかジュース研究室」とか「メロンパン担当研究課」とかになるのかな・・・

|

« 地域ブランドの正しい捉え方。 | トップページ | 自治体・公務員のイメージ川柳について。その2。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みかん研究所といちご研究所:

« 地域ブランドの正しい捉え方。 | トップページ | 自治体・公務員のイメージ川柳について。その2。 »