« 地域と大学の連携を三途の川にて考える。 | トップページ | 地域と大学の連携を深夜に考える。 »

2008年9月 5日 (金曜日)

衰退してでてくる問題はなにか。

確か、一昨日くらいに下北地域に入りました。

数か月ぶりに、下北地域に入ったのですが、中心市街地の発展さには、驚きました(もちろん、首都圏の発展さと比較したら、そんなに驚くことはないのですが・・・)。

一方で、同じ下北地域でも、中心市街地以外の地域は衰退しつつあるようです。

同じ下北地域でも、はっきりと「差」があらわれています。けど・・・、言い方に語弊があるかもしれませんが、衰退しつつある地域は「衰退して、何が問題なのか」ということが、いまいちわかりません。

衰退しつつも、ちゃんと生活していますし、そんなに不便を感じていないようです。

衰退して何が問題なのか・・・が明確にならないと、ちゃんとした政策開発はできないのです。

080902下北入りする際、乗ってきた電車です。

満員電車で大変でした。

学生さんには、よい思い出になったと思います。

この交通機関を、もう少し改善しないと、交流人口は拡大しないだろうなぁ。けど、下北へ続く交通機関が不便になることはあっても、改善されることはないだろうなぁ・・・

この辺をどうするか・・・学生さんのアウトプットに期待です。

|

« 地域と大学の連携を三途の川にて考える。 | トップページ | 地域と大学の連携を深夜に考える。 »

コメント

TAKAさま
コメントありがとうございます。
そうなんです。「衰退」の意味が曖昧なんです。
また、「衰退」も地域地域によって異なると思うんですが、それを同一視しているところにも、ちょっと違和感があります。
いつも貴重なコメントありがとうです。

投稿: M研究員 | 2008年9月 8日 (月曜日) 11時41分

地域の衰退というキーワードはもう20年以上前からどこでも聞かれますね。いったいどの時点と比較してどの程度衰退していると比較しているのでしょうかね。
衰退の種類(?)衰退の定義(?)をきちんと定めなければ、誰にとっての衰退なのか、衰退対策だとすれば誰のためにどの程度の成果を期待するのか?
など、仮説と検証がはじめにあってこそ、成果が期待できる策が見出せる気がします。

投稿: TAKA | 2008年9月 5日 (金曜日) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衰退してでてくる問題はなにか。:

« 地域と大学の連携を三途の川にて考える。 | トップページ | 地域と大学の連携を深夜に考える。 »