« 政務調査費について考える② | トップページ | 衰退してでてくる問題はなにか。 »

2008年9月 4日 (木曜日)

地域と大学の連携を三途の川にて考える。

いよいよ下北地域にやってきました。下北地域と言っても、世田谷区の下北沢地域ではなくて、青森県下北地域です。

ゼミ生を中心に、総勢12名です。1人は寝ちぎって、「どうなることか」と思いましたが、無事に合流しました。何とかなるものです。

本日は、3班にわかれ、下北地域の観光資源を体験してもらっています。その観光資源は、大学生たちにとって、「観光資源となるのか」という視点から、調査を進めてもらっています。下北地域が思っている観光資源は、意外に、独りよがりの観光資源かもしれません。。。

ところで、本日の午前中は、全員で、恐山に行ってきました。

080903 こちらは「三途川」です。此岸(現世)と彼岸(あの世)を分ける境目にあるとされる川です。

恐山には、昨年から何回か行っていたのですが、ちょうど、今週が祖母の四十九日法要であり(いま下北にいるので参加できませんが)、いろいろと考えることもあり、今回は、今まで以上に恐山に行ってよかったと思いました。

ちなみに、今回は、「恐山境内ガイド」を活用しました。これはよかったです。1名~5名までは3000円、6名~15名までは5000円となります。時間は40分~60分となります。

やっぱ、そこに詳しい人から、いろいろと教えてもらうと、知識が深まりますね。本やネットでは得られない「生」の情報が多々あります。これはよかったです。

ネットで検索しても、ひっかかってこないので(というのは、今年の6月にスタートしたばかりだから)、ここで連絡先を記しておきます。

[恐山境内ガイド(恐山菩提寺公認)]

企画:下北観光研究会

連絡先:0175-22-3825(TEL)  0175-22-3402(FAX)

私的にはお薦めです♪

で、話はもどりますが、やっぱり、地域と大学の連携は重要ですよね。双方に得るものがあると思います。けど、それを連絡・調整していく人は、大変ですけど。。。

意外に、この連絡・調整が面倒なのです。

その意味では、下北地域県民局のH川さんお疲れ様です。また、こっち側の連絡・調整の私も褒めてあげたい。

あと、この事業のきっかけとなった、今では下北にいない、ウーノさんに、T谷さんをはじめ、関係者の皆様には感謝感謝です。

|

« 政務調査費について考える② | トップページ | 衰退してでてくる問題はなにか。 »

コメント

薬研を調査しているグループの様子をニュースで見ましたよ~~。ちょっと天候が悪かったのが残念。
発表会には行きますので、皆さん、楽しんで&真剣に調査をお願いします。

投稿: 初代しかP | 2008年9月 4日 (木曜日) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域と大学の連携を三途の川にて考える。:

« 政務調査費について考える② | トップページ | 衰退してでてくる問題はなにか。 »