« シンポジウムでの講演。 | トップページ | 政策法務って何?メモその1。 »

2009年3月 8日 (日曜日)

政策開発の手法と実践、その1。

先日も、ご案内しましたが、図書を出版しました。

Omote_2『政策開発の手法と実践』という書名です。

戸田市を事例としてとりあげ、自治体職員などの実務者に加え、自治体を研究される関係者に、いろいろな示唆を与えると思います。

特に、第Ⅱ部の「実践」は、自治体職員に書いてもらっています。 どんなことに自治体職員が関心を持っているのか、またどういう視点で日々、政策開発に取り組んでいるのか・・・など、いろいろな視点から、この図書をみると、さまざまな発見があると思います。

東京法令出版社のホームページにも、図書案内があるので、ご関心のある方は、ぜひ、ご訪問ください。

また、楽天やJ-BOOKでも購入できるようです。

|

« シンポジウムでの講演。 | トップページ | 政策法務って何?メモその1。 »

コメント

5584さま
コメントありがとうございます。まずは、希望する基礎自治体に合格し、働ける日がくることを願っています。

基礎自治体は楽しいですよ。その理由の一つは、住民に近いからと思います。基礎自治体は自治の先端にいるのです。

けど、意外に大変だったりします。現状では、あまりにも業務量が多いと思いますし(特に小規模の自治体にとっては)、また、近年ますます頭を使うことが増えています(単純作業が少なくなりつつあります)。

結局、「政策形成能力」が求められているのです。「政策形成能力の確立と向上」を目指して、5884さんも頑張ってください。私も頑張ります。

自治体を受験するご友人がいましたら、ぜひ、戸田市の図書をお勧めください。

またコメントをくださいね。

投稿: M研究員 | 2009年5月29日 (金曜日) 08時27分

はじめてコメント書き込ませていただきます。5884と申します。

『政策開発の手法と実践』を購入し、読ませていただきました。まちの抱える課題に対して、戸田市の自治体職員の皆さんが実際にどのような分析を行い、実行してきたのかを知ることができました。今年度、基礎自治体の行政事務職を受験している私にとって、将来の仕事を思い描く上でも大いに参考になります。ありがとうございます。

今後も牧瀬さんの著作やブログを通じて、地方行政について学んでゆきたいと思います。よろしくお願いします。

投稿: 5884 | 2009年5月27日 (水曜日) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政策開発の手法と実践、その1。:

« シンポジウムでの講演。 | トップページ | 政策法務って何?メモその1。 »