« また地方都市にきています。 | トップページ | 何とか一週間乗り切りました。 »

2009年7月31日 (金曜日)

学生の考える「ほしい条例」です。

「今が最悪の状態」と言える間は、まだ最悪の状態ではない」(シェイクスピア)

「今が大変」「今が最悪」っていう自治体が少なくないですが、まだまだ活路を見出す余地があるのでは?そんなことを思ったりします。

さて、学生に、「あなたのほしい条例は何?」と聞いてみました。その回答は下記のとおりです(一部紹介)。

●小学生以下の子どもを週に3回公園に遊びに行かせる条例

子どもの仕事は遊び。ですが、都会では公園が少ないです。この条例を制定することで、取り壊されそうな公園を守り、また公園の数を増やします。そして最近では肥満の子どもが多いので、外で遊ばせることによって運動をさせ、ダイエットにも期待できます。

●賞味期限切れ食品無料配布条例

食品廃棄物の大量廃棄がすごいもったいないと思うし、食べてもぜんぜん問題ないと思うので。条例ができれば、企業のすすんでやってくれる。

●横に広がって道を歩いてはいけない条例

二輪車や四輪車などは道路交通法が適用されるが、歩行者は適用される法律がないのではないか。特に狭い道を横に広がってあるく歩行者のために、地域住民や周りを歩いている人たちが迷惑している。また、交通事故を引き起こす原因ともなりかねない。

●自転車運転免許条例

自転車は日常に身近な乗り物で、子どもから老人まで幅広く使用している。しかし自転車も「車」の一種である。それにも関らず、信号無視、急な横切り、無理な横断、スピードのだしすぎなどが目立つ。また、マナーの悪い人が増えている。自転車も「車」であることを理解させ、危険な人には自転車を使わせないために、条例を制定し免許制にすべきだと思う。

---

「これはありそう!」なんていう条例もありますね。学生ならではの発想の豊かを感じます。

「そんなことまで・・・」と思う方もいると察します。けど、いまの時代は「そんなことまで」も条例で規定しないと守られない社会になってきたのかもしれません。

特に多かったのは、「マナー違反をなくすための条例」と「近隣トラブルを解決する条例」です。このへんは社会問題化していくすからね・・・

夏休みになったら、たぶん、自分の時間ができるので、またじっくり私自身の研究にも取り組んでいきたいと思っています。

|

« また地方都市にきています。 | トップページ | 何とか一週間乗り切りました。 »

コメント

M市Tさま
ご心配をおかけしました。
来週、前半の出張を終えましたら、休暇をとり、病院にいきます。

しかし、少しでも体調が悪くなると、パフォーマンスが100%発揮できなくなるので、これからは体調管理をしっかりしようと思います。

投稿: M研究員 | 2009年8月 1日 (土曜日) 14時11分

難聴の原因が水だと聞いて少し安心です。
でも、それだけストレスをためている証拠です。ストレスは避けれませんが、流すことはできます。

投稿: M市T | 2009年7月31日 (金曜日) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学生の考える「ほしい条例」です。:

« また地方都市にきています。 | トップページ | 何とか一週間乗り切りました。 »