« 自治体シンクタンクはとてもよい人材育成組織です。 | トップページ | 後向きな言葉。 »

2009年7月 7日 (火曜日)

公務員イメージ川柳?

「地方自治体は都市間競争に勝ち抜くため、地域をブランド化するという「手段」により、地方自治体外から住民や企業などを獲得することが「目的」である。(中略)今日では、このことを認識していない地方自治体が少なくない。つまり「手段」と「目的」を履き違えているのである。そのため昨今の地方自治体の中には、地域をブランド化していくことが目的となってしまい、その結果、地域ブランドに発展性が見いだせないでいる事例が多い」(牧瀬稔・板谷和也『地域魅力を高める「地域ブランド」戦略~自治体を活性化した16の事例~』東京法令出版)

困ったら、自分の図書から・・・

何事も、そうですが、「目的」と「手段」を履き違えると不幸になりますね。気をつけなくてはいけません(私も)。

■□■

毎年ですが、私の講義を受講する学生さんに、公務員(自治体職員)のイメージを尋ねています。今年度は、下記の回答がありました(5・7・5で読んでください)。

・ 常日頃 地域の活性 考える

・ 町役場 平日ロビーは 老人会

・ 守るのは 規則と笑顔と 17:00退社

・ 条例で 結ぶ絆と 地域の輪

・ かたい人 融通きかず 感じ悪い

・ 改革よ こっちにくるな あっちにいけ

・ なれたなら 人生勝ち組 公務員

・ 収入が 安定している 公務員

・ 「公務員」 その一言で 自慢顔

・ 本当に お金のためより 人のため?

・ 口だけは 芸人より 達者です

・ 女性には 働きやすい 魅力的

・ 公務員 頭がかたい 人ばかり

・ 長年の 単調作業は 大変だ

・ 市町村 合併しても かわりない

上記の指摘は、あっているような、あっていないような・・・

こちらで公開していますので、関心のある方は、ご訪問ください。

|

« 自治体シンクタンクはとてもよい人材育成組織です。 | トップページ | 後向きな言葉。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公務員イメージ川柳?:

« 自治体シンクタンクはとてもよい人材育成組織です。 | トップページ | 後向きな言葉。 »