« シンクタンクの苦悩。 | トップページ | 公民館祭り。 »

2009年9月26日 (土曜日)

事例研究の視点。

「物事を伝える技術を上達させるためには、それとは逆に、物事をインプットすることが、まずは大切になるということです。」(山中秀樹『伝える技術50のヒント』ソフトバンク新書)

自治体が政策研究を実施する際、他自治体の事例を収集することになります。その事例研究には、いくつかの視点があります。

例えば、ベスト・プラクティスという視点から、事例を収集し研究することが考えられます。これは、よい見本となる自治体を探し出し、そのよい施策やよい事業を収集し、自分たちの自治体への移転可能性を検討するものです。この手法は、まぁまぁ、どの自治体の政策研究でも使われていますね。

次に、自分たちと規模や条件の近い自治体を抽出し、そこと比較検討する事例研究もあります。この事例収集からも得られる視点・知見は多々あります。

最近は、「2030年の・・・」とか「30年後の・・・」という感じで、自分たちの自治体の長期的な展望を検討する政策研究が実施されつつあります。

このような政策研究をする際は、自分たちの30年後の基礎的な数字をだして(人口とか高齢化率とか)、現在、その数字(30年後の自分たちの自治体の数字)に近い(現在の)自治体を選定し考察する、という事例研究もあります。

この手法は、まま使えますので、やってみてはどうでしょうか。

|

« シンクタンクの苦悩。 | トップページ | 公民館祭り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事例研究の視点。:

« シンクタンクの苦悩。 | トップページ | 公民館祭り。 »