« 交通安全基本条例は交通事故を減らしているのか。 | トップページ | 地方都市の終電。 »

2009年9月 2日 (水曜日)

新聞報道で気になること。

首長候補のマニフェストや、この前の国政の各政党のマニフェストに関して、新聞の論調は、どこも一緒で

「マニフェストは将来像を語れ!」

でした。て優香、「お前(新聞社)も語れ!」って言いたくなります。ちゃんとマニフェストを読んでいれば、それなりに将来像を語っていると思います。こんなことを言う新聞は、もっと奇抜な将来像を語ってもらいたいのでしょうか?

例えば、「社会主義国を目指します!」とか「全国民、老若男女を問わず、徴兵制を引いて軍事国家になります!」とか・・・新聞というかマスコミの画一的な「マニフェストは将来像は語れ!」に馬鹿らしくなります(そう社説に書くならば、編集委員が、まずは社説で将来像を語れよ!って感じです)。

で、こんな新聞(マスコミ)報道を無視すればいいのに、まじめな候補者が将来像を彼なりに語ったら、今度は、数新聞は

「地に足のついた具体的取組みを語れ!」

と書いていた。この数新聞(マスコミ)は、正直、馬鹿じゃないかと思った。

ああ言えば、こう言うし、こう言えば、ああ言う。言うだけいって、全く責任を取らない。言いっぱなし。最近の新聞(マスコミ)は、どうかしているよなぁ・・・

そこで結論です。何をやっても文句いってくるのだから、地方自治体は、自らの信じたところに立ってマイペースでやっていけばよいと思います。こんな何も芯がない新聞(マスコミ)に振り回されるのは時間の無駄です。

ただただ、住民の福祉の増進を目的として、確実に一歩一歩と取組みを進めていく勇気が大切と思います。

|

« 交通安全基本条例は交通事故を減らしているのか。 | トップページ | 地方都市の終電。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞報道で気になること。:

« 交通安全基本条例は交通事故を減らしているのか。 | トップページ | 地方都市の終電。 »