« 新年度を迎えました。 | トップページ | 選ばれる自治体の条件とは何か。 »

2010年4月 2日 (金曜日)

つまらないシンポジウム。

先日、某大学が主催したシンポジウムに参加してきました。正直、その内容が酷かったです(と思いました)。

何が酷いって、例えば、パネラー4名いて、そのうち2名が同じ大学なんですが、その同じ大学の2名で勝手に議論しているということです(仲が悪いのかな)。ほとんど、その2人の会話でした。

しかも、かなり、込み入った議論でして、そんな議論ならば「大学でやってよ!」と思いました。わざわざ、シンポジウムという場で、2人にしかわからない議論をされても、困ります。

あと、その先生の発表なんですが、どうも自己中心なのです。「話をきていもらっている」や「理解してもらうように話す」という意識がnothingです。その先生方の実績づくりのシンポジウムという感じです。その大学のレベルを垣間見た思いでした。

配付された資料も、いまいちわかりません。というのは、それぞれの先生方が、自由に書いている印象があり、統一テーマとまったく関係がないからです。

本当に酷いなぁ・・・と思いました。

本当は参加したくなかったのですが、つきあいがあり、休日にもかかわらず、片道2時間かけて参加したので、ますますやるせなさだけが残りました。ちなみに、当然、最後まではいないで(懇親会に呼ばれていましたが、丁寧にお断りして)、早めに帰りました。

ただ、そういう先生方の、何をいっているかわからない研究の視点や、誰に対して話しているか理解できない発言などは、私にとっては、いい反面教師となりました。

私も、そのようなことがあると思うので、これからは注意しないといけないと、改めて実感しました。

|

« 新年度を迎えました。 | トップページ | 選ばれる自治体の条件とは何か。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つまらないシンポジウム。:

« 新年度を迎えました。 | トップページ | 選ばれる自治体の条件とは何か。 »