« Ijamp「条例探訪」より。 | トップページ | 人事異動の私的不満。 »

2010年5月12日 (水曜日)

戸田市政策研究所の「めるまが」。

戸田市政策研究所から「めるまが」が配信されました。戸田市政策研究所の許可を得て、転載します。

次回以降、配信希望の方は、直接、戸田市政策研究所に「配信希望」とメールしてください。

<<< 以下「めるまが」 >>>

この戸田市政策研究所「めるまが」は、配信を希望された方、当研究所研究員等が名
刺を交換した方々等に配信しています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
戸田市政策研究所長からのあいさつ
 戸田市政策研究所は平成20年4月に設置され、今年度で3年目を迎えます。1年
目、2年目は庁内で政策研究所が必要とされるよう、政策研究所の調査研究と政策支
援の2つの機能の充実に注力しました。(詳細は②戸田市政策研究所の活動紹介で取
り上げていきます。)その甲斐もあり、調査研究活動だけでなく、政策支援機能にお
いても政策研究所の認知が進んだと感じています。
 また、2年間の取り組みで調査・研究をはじめとした様々なコンテンツを蓄積して
きました。これらは、政策研究所主催のシンポジウムや研究概要の出版、各学会等で
の発表、各種雑誌からの取材などを通じ対外的に発信してきました。その一環として、
この度、新たに「めるまが」を発行することとしました。これをきっかけに、皆様よ
り戸田市政策研究所へのご意見を伺いながら、今後の活動に活かしていけることを期
待しています。
(戸田市政策研究所長 山田 一彦)


戸田市政策研究所「めるまが」Vol.1

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
~今月の目次~
①政策形成アドバイザーの徒然
②戸田市政策研究所の活動紹介
③戸田市政策研究所研究員の徒然
④戸田市各課の紹介
~戸田市政策研究所からのお知らせ~
平成21年度調査研究概要を出版しました
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

①政策形成アドバイザーの徒然
●断る勇気も必要
 年ごとに、私に講演や研修講師、また調査委託や大学非常勤講師などの依頼が多く
届くようになってきました。「呼ばれるうちが花」と思って、できるだけお引き受け
しています。けど、今年度は日程がバッテイングする場合も多く、泣く泣くお断りを
することも増えています。そして、何でも受け入れていると、私が「もたない」こと
も、少しずつですが、実感するようになってきました(特に昨年度は体調不良日が少
なくありませんでした)。

 いま、国から地方へ分権が進んでいます。この潮流は、一時のものではなく、今
後、ますます強くなってくると思います。国や都道府県からの分権という名の事務事
業の移譲を基礎自治体はすべて受け入れています。それは事務事業を充実すること
が、住民の福祉の増進につながると信じているからです。しかし、果たして本当にそ
うでしょうか。住民にとって必要のない事務事業もあるのではないでしょうか。よく
精査が必要と思います。

 地域分権(地方分権)による過度の権限移譲は、基礎自治体の身体を壊しかねませ
ん。一つ具体的に言うと、職員数が減少する中での事務事業の増加は、職員を物質的
にも精神的にも破壊しかねません。今「住民の福祉の増進」という視点に立って、必
要ではないと判断した分権は「いりません」と断る勇気も必要ではないでしょうか。
まさに「NOといえる地方自治体」です。そしてNOということが地方政府への変貌
を意味すると思います。

(政策形成アドバイザー 牧瀬 稔)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
②戸田市政策研究所の活動紹介
●エッ!海なし県の埼玉で真珠が採れる!
 この言葉は、上田清司埼玉県知事の「知事のとことん訪問」での言葉です。

 戸田ボートコースは、東京五輪のボート競技会場として有名ですが、閉鎖水域で、
かつ水の入替を行っていないため、水質の汚濁が目立っています。このため、埼玉県
ボート協会では平成18年度からイケチョウ貝という二枚貝を活用した水質浄化活動に
取り組んでいます。政策研究所では、この活動をさらに発展させていくための方策に
ついて、県ボート協会・国立大学法人埼玉大学科学分析支援センターと協力し、研究
を進めました。

 この研究成果で特筆すべきは、科学分析支援センターの調査により、イケチョウ貝
の水質浄化能力が明らかになったことです。イケチョウ貝1個体(100g)のろ過速度
は約300m?/hで、貝が濾し取る浮遊物質は1日約70㎎となります。また、水槽実験の
結果、イケチョウ貝を投入した水槽は濁りが減少し、濁りの原因であるクロロフィル
量が減少することがわかりました。さらに、イケチョウ貝からは色とりどりの淡水産
真珠が採取でき、この真珠を活用してアクセサリー教室も開催しています。まさに“
一石二鳥”といえるこの活動を全国の皆さんにもご欄いただければ幸いです。

参考図書:東京法令出版「政策開発の手法と実践」(牧瀬稔・戸田市政策研究所編著)
参考URL:(http://www.city.toda.saitama.jp/DAT/LIB/WEB/1/20todasshihoukokushosaishuu.pdf)
(主任研究員 梶山 浩)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
③戸田市政策研究所研究員の徒然
●新入を迎えて思うこと
 新年度を迎え、我が市役所にも新人たちがやってきた。
戸田市では、今年31名の新入職員を迎えたが、若干緊張した後姿を見ていると、はる
か昔の自分の姿を重ね合わせ、懐かしい気持ちがわいてくる。
そんな新人たちを、昼休みに食堂で観察していると「1ヶ月前まで学生してました。」
といった幼い雰囲気を残す中に、彼らとは若干雰囲気を画した職員が混じっているこ
とに気づく。話を聞くと彼らは社会人経験の採用者であった。専門職から一般事務職
まで、少なくない人数が採用されており、他の自治体経験者の採用もあったようであ
る。
 以前、本研究所アドバイザーの牧瀬先生が、これまで民間のことと思われていた人
材の流動化が、市役所レベルでも活発になっていることを話されていた。本年度は本
市からも他自治体へ転職者があったようである。身近な場面で、人材の流動化を実感
することができたわけだ。

 さて、仕事にはじめて就いた人も、心機一転新たな職場を選んだ人も、これから数
十年にわたる職業人としての生活が始まる。ここで自分の仕事についての考え方を確
認してみることも必要かもしれない。
最近ネットサイト「一休.Com」の「一期一会」で、有森裕子のインタヴュー記事を
読んだ。彼女は仕事についてこう語っている。「現役時代の私にとって、走ることは
仕事でした。どんな仕事でも同じだと思いますが、仕事となればつらい面もあるし、
楽しめない場合が多いです。」と。仕事の捉えかたは人によって違うだろうが、本質
を言い得ていると思う。
 職場に配置され緊張の期間を過ごした新人たちには、五月病の気配も感じられる頃
である。しかしわずか1ヶ月、長い職業人生活の第一歩にも達していない。今はとに
かく自分の目の前にあること、やらねばならないことをやり遂げることだ。一つひと
つクリアして経験値を上げていくしかない。仕事が自分に合っているか悩むより、自
分を仕事にどうやって適応させるかを考えた方がいい。仕事を楽しむことができるよ
うになるのはまだまだずっと先になる。これを書きながら自分を振り返り、まだ仕事
を楽しめる場面というのは、ほとんど無いことに改めて気がついた。
(主任研究員 山本 義幸)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
④戸田市各課の紹介
●環境クリーン室
 戸田市は「サステナブル都市調査」(日本経済新聞社)において、平成19年に全国
3位、平成21年に全国16位と上位に位置し、環境、経済・財政、暮らしのバランスが
とれた持続可能な都市として高く評価されています。また、平成21年度に埼玉県が、
環境施策の先進的な取り組みを実施している市町村を認定する「環境みらい都市」に
県内で初めて認定されました。このように環境施策に力を入れている本市は、都心ま
で20km圏と利便性の高い市ですが、多くの水と緑の空間を有し、「都心に隣接した
オアシス」のような都市を目指しています。

 この豊かな都市環境を後世まで継いでいけるよう、地球温暖化対策を推進するため
に「戸田市地球温暖化対策条例」を県内の自治体では2番目に制定し、今年の6月か
ら施行します。自治体独自で取り組める地球温暖化対策は限られていますが、市・市
民・事業者それぞれが協力し合い、取り組みを進めることが重要です。
 是非、環境行政に力を入れている本市を一度訪れていただき、「都心に隣接したオ
アシス」で癒しの時間を過ごしていただければと思います。
(主任研究員 山本 哲史)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
戸田市政策研究所からのお知らせ
●平成21年度調査研究概要を出版しました。
 戸田市政策研究所では、平成20年度に調査研究概要をまとめた「政策開発の手法
と実践-自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」の可能性-」(東京法令出版株式
会社)を出版しています。この本は、第7回法政大学地域政策研究賞において、優秀
賞をいただきました。

 またこの度、平成21年度の調査研究概要をまとめた「選ばれる自治体の条件-政
策開発の手法と実践Ⅱ-」(東京法令出版株式会社)を出版しました。
詳しい内容、ご購入方法等は、以下をご参照ください。よろしくお願いします。
http://www.city.toda.saitama.jp/447/446690.html
なお、本書を使用した研修会等の講師を務めさせていただきますので、お気軽にご相
談ください。よろしくお願いします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
バックナンバーはこちらから
http://www.city.toda.saitama.jp/438/437464.html ※現在準備中です。
----------------------------------------------------------------------------
この戸田市政策研究所「めるまが」は、配信を希望された方、当研究所研究員等が名
刺を交換した方々等に配信しています。
今後このメールマガジンの配信を希望されない方は、お手数ですが件名(Subject)に
「配信不要」とご記入の上<seisaku@city.toda.saitama.jp > 宛てに送信してくださ
い。

その他、ご意見等ありましたら下記までお願いします。
また、原則として無断転載を禁じます。なお、転載を希望される方は戸田市政策研究
所にご相談ください。
次回の発行は6月10日を予定しています。原則、月1回の発行を予定しています。
----------------------------------------------------------------------------

|

« Ijamp「条例探訪」より。 | トップページ | 人事異動の私的不満。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸田市政策研究所の「めるまが」。:

» 大満足の転職 [大満足の転職]
転職について書いてあります。よろしかったらご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年5月12日 (水曜日) 10時06分

« Ijamp「条例探訪」より。 | トップページ | 人事異動の私的不満。 »