« 企業誘致の取り組み。 | トップページ | 地域性を反映した地域振興。 »

2010年6月25日 (金曜日)

ホテルに必ずある本。

仕事で、ホテルに泊まると、よく、下のような本がおいてあります。

0526

これって、なんか意味があるのでしょうか。

火災とか起きて、パニック状態になった時に、この本をめくって、気持ちを休ませる・・・なんて意味でもあるのでしょうか(火災中に熟読したら、焼死してしまいますが)。

あるいは、睡眠中に、金縛りにあって、何ともいえない状態になった時に、この本を手に取り、救いを求める・・・なんて意味があるのでしょうか(そもそも金縛りにあっているので、本を取りに行くことはできないと思いますが)。

上記のような使い道ではなく、枕が低くて眠れない私みたいな人のために、この本を枕の下において、枕を高くして眠るような配慮があるのでしょうか・・・

いまいちわかりません。

なんで、このたぐいの本が共通して置かれているのですかね?いつも不思議に思います。

|

« 企業誘致の取り組み。 | トップページ | 地域性を反映した地域振興。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルに必ずある本。:

« 企業誘致の取り組み。 | トップページ | 地域性を反映した地域振興。 »