« 飲み会の後の食事。 | トップページ | 今度は、私の委員会。 »

2010年6月12日 (土曜日)

すばらしい委員長の進行とは何か。

某自治体のある委員会を拝聴していて、こんなやりとりがありました。

委員長 「A委員さん、この件について、どのようにお考えですか?」

A委員 「私は、総合的に考えると、今回の件は、承諾しても、よいのではないでしょうか?」

・・・このA委員の発言を得た委員長は、下を見て、何かを確認した後、

委員長 「その視点は、とても大切です。確かに、毎期、各分野で活躍する講師によるレクチャー、活発なディスカッションやワークショップを実施しています。確かに、この規定の運用するについて、意思表示の対象や内容等が必ずしも明瞭でないため、考える必要があります。ところが、市町村合併、政令指定都市の増加などを契機として、都道府県の存在意義が問われている現状があります。しかしながら、本案件は、事業展開の可能性と実現性を判断するための基礎資料の作成が目的ともとらえかねないです。以上を鑑みると、今回の件は、承諾しないことにしましょう。委員のみなさん、「承諾しない」でよろしいですねっ!

---

あれっ?A委員の発言のどこにいった?

委員長が、一瞬、下を見たのは、きっと、事務局の用意したシナリオを見たんだろうかな・・・そして、シナリオは「承諾しない」だったので、こんな進行になったんだろうな・・・なんて思った。

しかし、「承諾しない」までの委員長の前ふりは長かった・・・

|

« 飲み会の後の食事。 | トップページ | 今度は、私の委員会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すばらしい委員長の進行とは何か。:

« 飲み会の後の食事。 | トップページ | 今度は、私の委員会。 »