« 楽しかった委員会。 | トップページ | 大将、ボス、そして社長。 »

2010年6月 9日 (水曜日)

学生が抱く「公務員」のイメージ。

毎年、恒例になっていますが、今年も、講義で「地方公務員のイメージ」を聞いてみました。

その回答は、【ここ】にあります。

もう5年くらいやっていますが、毎年、公務員に対する否定派が減ってきて、肯定派が増えてきている感じがします。

しかし、依然として、「公務員」=「楽」という印象があるようです。

回答の中には、「定時出勤」や「定時帰宅」という文言も少なくありませんでした。これは悪い意味で使用しているのでしょうか。時間通りにきて、与えられた仕事をこなして、定時に帰宅することは、何ら悪いことではありません。むしろ、だらだらと仕事をして、残業代をつけるほうが問題ですよね。

また、「決まった仕事をする」という回答も少なくありませんでした。こういう回答を目にすると、「民間企業は毎日違った仕事をするのか」という疑問を持ってしまいます。当然、そんなことはありません。民間企業も、決まった仕事をするだけです(毎日、違った仕事をしていたら、それは効率が悪い)。

そんな様々な回答の中で、次の記述が私は好きです。

「私の父が「地方公務員」なのですが、誠実で信頼できるイメージがあります。」

私も、このような父になりたいと思います。この回答を書いた学生さんの家庭は、すごく温かいのだろうな・・・なんて思いました(うちの家庭が寒いということを言っているのではない。念のため)。

|

« 楽しかった委員会。 | トップページ | 大将、ボス、そして社長。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学生が抱く「公務員」のイメージ。:

« 楽しかった委員会。 | トップページ | 大将、ボス、そして社長。 »