« 協働の失敗。 | トップページ | 市長無言。私無言。 »

2010年8月14日 (土曜日)

議会の役割って。

先日の議会(ある会派)のマニフェスト検証大会の私の話で、私はが強調したかったことを下記します。

・今回、100点満点中84点という高得点になったが、その高得点の背景には、執行機関(首長)の理解と、補助機関(自治体職員)の頑張りがあってこその実現(高得点)ということを認識してほしい(大丈夫と思うけど、念のため)。

・様々な行政分野をマニフェストの項目として掲げている。しかし、点数が低い行政分野もある。この捉え方であるが、確かに、M会派は自然環境や生活分野においては低い点数であるが、この部分は、実はK会派やJ会派が強かったりする(そこで実施されている)。その意味では、それぞれの会派が苦手な部分を補い、議会として取り組んでいくことが大切である。

・しばしば、一般的に、議会の中で、各会派がけん制しあうことが少なくない。これはどうなのか。協力できるところは協力し(そのためには妥協の必要である)、議会としてまとまっていくことが大切である。なぜならば、地方自治法から捉えると、議会の役割は執行機関の監視にあるからである。つまり「対執行機関」で議会を考えなくてはいけない。

・(個人的な見解として)確かに法においては、議会は「対執行機関」であるが、いまはそういう時代ではなくなりつつある。というのは、いまは「都市間競争」の時代である。この時代においては、執行機関と議会も協力し、「対他自治体」で戦っていかなくては、都市間競争に負けてしまうからである。なお、だからといって、執行機関と議会の関係が、なぁなぁになってはいけない。

・執行機関も議会も、地方自治法のもと動いている。その地方自治法は「住民の福祉の増進」を目的としている。この目的を達成するために、執行機関も議会も(協力できるところは)協力して、「対他自治体」で動いていくことが望ましいのではないか。

---

な~んて、話させていただきました。

悪いことは言っていないと思うけど、「現実は・・・」なんですよね。けど、現実だけを見ているのはつまらないです。理想を言って、理想を描いて、そこに進んでいきたいと思います。

|

« 協働の失敗。 | トップページ | 市長無言。私無言。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会の役割って。:

« 協働の失敗。 | トップページ | 市長無言。私無言。 »