« うに丼。 | トップページ | ハイフン・・・学。 »

2010年8月 8日 (日曜日)

て優香、「住民福祉増進」の視点だろっ。

暑いと心も身体も壊れます。私は温厚動物なのですが、暑いと、そうぢゃなくなります。気をつけないと・・・。

この前、ある地方自治体で、あるテーマについて、いろんな職員と話していると、

「この件は、生涯学習の視点から捉えると・・・」(生涯学習課)

「福祉という観点から考えると・・・」(福祉総務課)

「教育行政から捉えると・・・」(教育委員会)

そして私は「ああ、どうなっているんだ?」と切れそうになりました。もちろん、切れませんでしたが。

上記の発言が、延々と続き、回答までたどりつきません。私は「ああ、面倒くせぇ!」と切れそうになりました。もちろん、切れませんでしたが。

彼ら彼女らの所属している視点は理解できますが、「あななたちは「自治体職員」なのですよ」と伝えたいです。自治体職員の目的は、地方自治法にあるように「住民の福祉の増進」が目的なのです。すなわち「住民福祉増進という視点から捉えるべき」なのです。このことは、実際に伝えましたが、どれだけ理解してくれたかわかりません。

最近の自治体職員は、考えが矮小すぎるような気がします(その一つ理由は、何となく、私は捉えていますが、もう少しデータを集めて立証してから、こちらに書きます)。

もっと、大きく、「住民の福祉を増進させる視点から・・・」と捉えてほしいと、一市民として思います。

|

« うに丼。 | トップページ | ハイフン・・・学。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: て優香、「住民福祉増進」の視点だろっ。:

« うに丼。 | トップページ | ハイフン・・・学。 »