« 自由な発想か、経験か。 | トップページ | うに丼。 »

2010年8月 6日 (金曜日)

地域ブランドの嘘。

最近は、「地域ブランド」をテーマに呼ばれることが多くなっています。ちなみに、私は「安全安心」「協働」なんかでも、最近は、よく声がかかります。一昔前は「人事考課」なんかも多かったです。

その地域ブランドの講演の時に話していることです。地方自治体の文言には、結構、不思議なことがあります。

例えば、「地域をブランド化して、地域を活性化させる」があります。地域を活性化させることが目的ならば、地域ブランドだけにとらわれる必要はないはずです。地域を活性化させるいろいろな手段があるはずです。なのに、最近の地方自治体は、なぜか「地域ブランド」です。ちゃんちゃらおかしいです(言いすぎ?)。

また、「地域をブランド化して、人口を増やす」なんていうことも多々あります。様々な機関が、「地域ブランド・ランキング」を発表していますが、その上位20位は、人口を増加させていますか?私が調べたところ、半分くらいですね。人口を増加させているのは。すなわち、地域をブランド化させても、必ずしも、人口が増加できないのです。

むしろ、人口増加させることが目的ならば、全国の地方自治体で、人口を増加させている団体を抽出し、そこから共通点を導出し、自分たちの自治体に当てはめたほうが利口です。しかし、多くの地方自治体は、そういう政策研究ができてないのですよね(言いすぎ?)。

そのほか、地域ブランドの嘘は多々あります。安易な気持ちで「地域をブランド化しよう」なんて思っていたら、一度、立ち止まって、批判的に視点から、「地域ブランド」を観察することをお勧めします。

この件は、また、ここで書きたいと思います(し、講演でも訴えていきたいと思います)。ちなみに、私は地域ブランドには可能性があると前向きに評価しています。そのことは、いつも講演で指摘していますし、私の図書にも書いてきました。

|

« 自由な発想か、経験か。 | トップページ | うに丼。 »

コメント

私もそう思います。
政治家は耳ざわりのいい事で、成果が確認しにくい事を好みますから、商店街活性化とか地域ブランド(特産品と勘違いしているが)を好むのです。

投稿: M市Tです | 2010年8月 7日 (土曜日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域ブランドの嘘。:

« 自由な発想か、経験か。 | トップページ | うに丼。 »