« 今日は、こんなところにきています。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

2010年11月 1日 (月曜日)

どこが担税力があるのか。

なんか最近は、忙しい(最近「も」か)。とにかく一週間の移動距離がすごい。本当に「どこでもドア」がほしいです。

最近、調べはじめたのは、「どの層が担税力があるか」っていうことです。担税力とは「税金を負担する力」と定義できます。

しばしば、自治体職員と話していると、「子育て世帯は担税力があるから、いい行政サービスを提供することで、いつまでもとどまってもらい、かつ他地域から子育て世帯を獲得する・・・」なんて説明を受けます。

けど、「本当に子育て世帯って担税力あるの?」と思います。

その辺をちゃんと調べている自治体(職員)は、いまのところ、ありません。

担税力を獲得したいのならば、「どの層が担税力があるか」を明確にして、的確な政策を開発していく必要があると思います。

|

« 今日は、こんなところにきています。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこが担税力があるのか。:

« 今日は、こんなところにきています。 | トップページ | ホテルの窓から。 »