« 何でも行政っておかしいでしょ。 | トップページ | 政策提言は自己満足が大事。 »

2011年2月 4日 (金曜日)

結論のない審議会。

最近の審議会は、議論することが目的化している場合が多い。これって、審議会というより、ブレーンストーミングでしょ。ぜんぜん審議会ではない。

審議会の役割のひとつは(しかも大きな役割である)、何かしらの結論をだす場でしょ。ところが、何度やっても、議論が収束せず、委員の意見だしで終わっている場合が少なくない。

なぜ、そうなるのかと考えると、

①事務局が、ちゃんと委員長をはじめ委員に対して、審議会の趣旨や意図を明確に伝えていないことがあげられる。

②事務局が「落としどころ」を持っていない場合が考えられる。そうなる理由は、審議会のための事前準備がしっかりされていないことに因がある。

③委員長の力量による。委員長が審議会をまとめきれず、審議会の雰囲気にのまれている。委員長は進行している審議会を客観的に把握しなくてはいけない。

という3点が理由のような気がする。

審議会も貴重な税金が投下されているのだから、だらだらとブレーンストーミングぱかりがつづくと意味ないと思いますよ

|

« 何でも行政っておかしいでしょ。 | トップページ | 政策提言は自己満足が大事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結論のない審議会。:

« 何でも行政っておかしいでしょ。 | トップページ | 政策提言は自己満足が大事。 »