« 空き家って何が問題なのか。 | トップページ | 最近の学生の気質と雇用の観点。 »

2011年2月27日 (日曜日)

よい空き家と悪い空き家。

よ~く観察すると、空き家に、大きく(便宜的に)わけることができます。それは・・・

①よい空き家か

②悪い空き家か

よい空き家とは、所有者がしっかり把握できているとか・・・。車が空き家まで入れるとか(空き家になる傾向として、家まで車で入れないという傾向があるとのこと)・・・などが考えられます

悪い空き家とは、誰が所有しているかわからないとか・・・。街中にあって、すぐにでも倒壊の危険性があるとか・・・などが考えられます

今日は、絵文字を大量に使おうと思いましたが、やはり面倒なので、やめますというか、どういう時に、どういう状況の絵文字を使っていいかわかりません

で、自治体が対応するのは、当然、「悪い空き家」になります。ただ、この「悪い空き家」も、2つの視点があります。それは、

①自治体で対応可能か

②自治体では対応不可能か

ということになります。対応不可能というのは、行政コストの問題であったり、空き家に絡む権利の問題だったりします。

このように、すべての空き家を対象とするのではなく、分類(分化)していくことが大切と思います。

|

« 空き家って何が問題なのか。 | トップページ | 最近の学生の気質と雇用の観点。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よい空き家と悪い空き家。:

« 空き家って何が問題なのか。 | トップページ | 最近の学生の気質と雇用の観点。 »