« 予測できない状況を予測する。 | トップページ | セーフコミュニティという取り組み。 »

2011年3月19日 (土曜日)

八ツ場ダムはどうなったのか。

八ツ場ダムってどうなったのでしょうか・・・。一時、すごく話題になっていましたよね。いまぢゃ、ぜんぜん聞かなくなってます。日本人の国民性って、熱しやすく冷(醒)めやすいと思います。

建設中止なんて言っていましたが、どうなのかな。私は現場に行ったことがないからわからないけど、意外に粛々と建設しているんぢゃないでしょうか。

民主党のマニフェストに「建設中止」なんて書いちゃったと思うので、実行しないと公約違反だよなぁ。けど、建設にかかるいいろなしがらみもあるだろうなぁ。

であるならば、八ツ場ダムは建設しちゃって、水を入れないという方向性も考えられるよなあ。水の入っていないダムって、意外に、いい観光資源になるかもしれない。水の入っていないダムにいき、下から上を覗いてみたいです。

いま議会改革も、すごく話題になっているけど、統一地方選が終わって、数ヶ月もたてば、すっかり忘れてしまうのでしょう。実際に、過去がそうだったし。その意味では、一時の住民意思の高まりで、政策を決定することは、きわめて危険だと思います。

|

« 予測できない状況を予測する。 | トップページ | セーフコミュニティという取り組み。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムはどうなったのか。:

« 予測できない状況を予測する。 | トップページ | セーフコミュニティという取り組み。 »