« これからは「連携の時代」だろ。 | トップページ | 企画部門からの移動先について考える。 »

2011年3月30日 (水曜日)

人づくりの時代。

03062

弊社のY研究員が撮影した武田信玄です。さすがY研究員ですね。信玄をとらえるアングルがすばらしい。

さて、以前、このブログにも書いたかもしれませんが、某自治体に寄稿した文章の一部を下記します。

---

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

この格言は、甲斐国の戦国大名武田氏の軍学書「甲陽軍艦」のなかで、武田信玄の言葉として記されています。

前半の「人は城、人は石垣、人は堀」は人材の重要性を説いており、勝敗を決するのは堅固な城や高い石垣でもなく、また深い堀でもなく、「人」にあるということを訴えています。

何事もそうであると思いますが、結局は「人」にたどりつきます。その「人づくり」の重要性に、いち早く気がついた地方自治体が都市間競争にも勝ち抜いていけるのだと思います。そして「人づくり」に力を入れている地方自治体は、住民の福祉を増進させる政策も開発しています。これからの時代のキーワードは「人づくり」になります(以下、略)。

|

« これからは「連携の時代」だろ。 | トップページ | 企画部門からの移動先について考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人づくりの時代。:

« これからは「連携の時代」だろ。 | トップページ | 企画部門からの移動先について考える。 »