« 企画部門からの移動先について考える。 | トップページ | 主任になりました。 »

2011年4月 1日 (金曜日)

【昨年度の思い出シリーズ】M市。

昨年度の思い出シリーズです。シリーズとしていますが、今日だけで終わるかもしれません。

昨年度は、M市の政策立案にも関わりました。なんか、ほとんど私は貢献できなかった気がして、申し訳ない思いがあります。

どんなことをしたかと言うと、「若手職員(おおむね30歳以下)が政策立案していく際に、私がアドバイスをする」という内容なんですが、あまりアドバイスできなかったような気がするのです。

その理由は、参加した職員が、自学自習、自問自答で、自ら取組んでくれたということと、担当者のIさんが論客だったということもあると思います。Iさんが的確な的確なアドバイスをしていました。ので、私の出番がなく、なんとなく、あまり活躍できなかった気がするので、申し訳ないなぁ・・・と思います。

ただ、その場で、Iさんや、もう一人の担当者のGさんとの意見交換は、個人的には大変に参考になりました。

自治体職員としてのキャリアはぜんぜんお2人が上なので、彼らから発せられる現場の視点は、私が政策立案を検討していく上で、大変に参考になりました。

やはり、現場を経験しないと、ダメですね。そんなことを実感したM市でした。Iさん、Gさんをはじめ、企画政策課の皆さん、大変にお世話になりました。個人的に、時間をつくって、突然、遊びにいこうと思います。

|

« 企画部門からの移動先について考える。 | トップページ | 主任になりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【昨年度の思い出シリーズ】M市。:

« 企画部門からの移動先について考える。 | トップページ | 主任になりました。 »