« 「デミで☆」 | トップページ | ちんどん屋議員。 »

2011年4月 8日 (金曜日)

自治体の営業部門。

ざっくりですが、民間企業の組織形態をみると、「総務部門」「企画部門」「事業部門」「営業部門」にわけることができると思います。

一方で自治体の組織形態でみると、「総務部門」「企画部門」「事業部門」まではあるのですが、「営業部門」がないのです(少ないのです)。

しかも、企画部門の多くが事業部門化している傾向があります。そうなると、自治体の実際の組織は「総務部門」と「事業部門」しかないことになります。ちなみに、自治体の「企画部門」は、実は自治体の「外」にある民間シンクタンクが担っていたりします。これは、まずいんじゃないでしょうか?

ところで、ここずっと、自治体は「行政経営」や「自治体経営」なんて言葉を使っています。経営という言葉を使うのならば、この営業部門を強化していく必要があると思います。

ぢゃ、自治体における営業部門は何かというと、最近、少しずつ登場してきた「シティ・セールス」(シティ・プロモーション)なのだと思います。このシティ・セールス部門を強くしていくことが、健全な自治体経営を進めていくことになるのだと思います。

|

« 「デミで☆」 | トップページ | ちんどん屋議員。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治体の営業部門。:

« 「デミで☆」 | トップページ | ちんどん屋議員。 »