« 座る→足を組む→立ち上がる→また座る。 | トップページ | 白亜紀の恐竜。 »

2011年6月23日 (木曜日)

議会のリーダーシップって誰がもっているのか。

議会のリーダーシップって、誰が持っているのでしょうか。本来ならば、議「長」だと思うのですが、議長がリーダーシップを発揮したという事例は、(少)ないですよね。議長は互選の場合が多いし、一年間でコロコロかわる議会もあったりして、まったくリーダーシップが発揮されていない。

地方自治法には「議長及び副議長の任期は、議員の任期による」(第103条2)にあるので、本来は、議員の任期である「4年間」なんですよね。けど、議長になって1年とか経つと「一身上の都合」的な感じで議長職の辞表をだして、議長を辞めてしまう。そういう議長は議員職も、一緒に辞めるべきですよね。なんで議長がまっとうできず、議員がまっとうできるのか。そもそも、コロコロかわる議長って、地方自治法違反ですよね。

議会で議長(でも誰でもいいんですが)がリーダーシップを発揮しないと、執行機関が進めている改革に太刀打ちできなくなりますよ。相変わらず、議会は、会派間でもめたり(場合によっては同一会派内でもめていますが)していますが、こんなんぢゃ、執行機関が、ますます議会を見下しますし、住民もそっぽを向き、議会不要論に、より進んでいっちゃう気がしています。

個人的には、(勝手に)これからの議会について危惧しています。

|

« 座る→足を組む→立ち上がる→また座る。 | トップページ | 白亜紀の恐竜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会のリーダーシップって誰がもっているのか。:

« 座る→足を組む→立ち上がる→また座る。 | トップページ | 白亜紀の恐竜。 »