« ホテルの窓から。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

2011年8月20日 (土曜日)

事業提案の視点。

書くネタに困ったので、あるところで、使用した文章です。

---

事業提案をしていくためには、さまざまな観点があります。ここでは、おおまかに3点にわけて紹介したいと思います。第1に、既存の事業を否定して、新しい事業を提案するという考えがあります。つまり、「今までの事業は効果がよくないため、一度、廃止にして、新しい事業のもとで取り組んでいく」という考えです。既存事業廃止型提案と言えます。

第2に、既存事業発展型提案があります。これは既存事業の効果が、少なからずあると判断し、それを発展させることで、より大きな効果を導出しようとする考えです。さまざま事業提案を観察すると、この既存事業発展型提案という形態が多いような気がします。なお、ここで言う「発展」とは、量の拡大ではなく、質の変化を意味します。

第3に、既存事業補完型提案があります。例えば、既存事業がいい感じで動いているが、何かが足りないため、大きな成果に至っていないという現状があります。そして、その「足りない何か」を見つけ出し、その足りない要素を提案していく内容となります。既存事業が当初の期待どおりにいかない場合は、実は、このパターンが多いと私は捉えています。

事業を提案する視点は「既存事業廃止型提案」「既存事業発展型提案」「既存事業補完型提案」と大きく3点にわけることができます。皆さんが取り組んでいる事業提案は、どのパターンに当てはまるでしょうか。何れの提案も、既存の行政評価の結果を参考としつつ、自分たちの視点からしっかりと評価することが大切ということは言うまでもありません。

|

« ホテルの窓から。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事業提案の視点。:

« ホテルの窓から。 | トップページ | ホテルの窓から。 »