« なんでそうなるの。 | トップページ | 今夜の食事。 »

2011年9月21日 (水曜日)

自治体シンクタンクの機能って何ですか。

間があいてしまいましたが、また自治体シンクタンクです。

---

Q.自治体シンクタンクにおいて有すべき機能について教えてください。

A.自治体シンクタンクを設置しようとする自治体に、①どのような課題があり、②何を実現したいか、により異なる。既存の自治体シンクタンクが、さまざまな機能を持っているので、そちらを参考にしていただきたい。

その中でも、私は、①政策人材育成機能、②首長のマニフェスト進捗管理・自己評価機能、③橋渡し機能、④情報収集・整理機能、などはあったほうがよいと考える。もし、これから、自治体シンクタンクを設置しようとするのならば、新しい機能を持たせるべきである。自治体シンクタンクの新しいモデルを構築するべきである。例えば、議会の政策立案支援機能もあってもよいだろう(議員は住民であるので、その観点で捉えると、あまり問題はないはず)。また、国や都道府県への提言機能もあってもよいだろう。

人員体制について言及すると、所長(市長・副市長・退職した部長・現役の部長・外部者)、主任研究員(課長(級))、研究員①(担当職員)が数名、研究員②(非常勤職員・博士課程修了程度)が数名、外部アドバイザーが数名、アルバイト、という人員により構成される。ここまで、そろえられたら、ベストである。

また、長期のインターンシップなどを入れても、新しい試みであり、おもしろいかもしれない。

<おわり・・・かな>

|

« なんでそうなるの。 | トップページ | 今夜の食事。 »

コメント

公明新聞で政策条例の記事を読みました
志木市では行政評価条例が運用されていますが、あまり効果がないのと、市民の関心がないなど評判は良くありません。この行政評価制度について、お聞かせください

投稿: 加藤智康 | 2011年9月21日 (水曜日) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自治体シンクタンクの機能って何ですか。:

« なんでそうなるの。 | トップページ | 今夜の食事。 »