« 今年度の磐田市草莽塾が終わりました。 | トップページ | 行政は間違ってもいい。 »

2012年1月20日 (金曜日)

政策提言と政策決定の主体の違い。

昨日の続きなんですが、草莽塾の最終報告会で、私はコメントした内容は、下記の2点です。

草莽塾は職員課が担当していることから、研修的な要素が第一義的にあります。ただし、研修だけではなく、政策提言としての役割もあります。この研修機能と政策提言機能を持っている点が特徴になります。

草莽塾は、あくまでも政策提言をする時限的組織であり、その提言された政策を決定するのは首長をはじめとする執行部の役目になります。草莽塾は、政策決定をする場ではないというのがポイントです。こういう組織や機関を持ってしまうと、政策提言に加え、政策決定まで委ねようとする方たちがいますが、それは間違っています。あくまでも、政策提言をする組織ということです。

磐田市長をはじめ部長級の方たちは、そのことをちゃんと理解して、得られた政策提言を(個々では不平や不満があるとは思いますが)、まずはちゃんと受け止めています(これは、実はかなり勇気のあることでして、なかなかできないことと思います)。そして提案された政策の中で、少しでも可能性があるならば、そのエッセンスを汲み取り、政策を決定しています。

ちなみに、政策を決定すると言うことは責任も持つということです。責任を持ちたくない場合は、政策提言する組織に決定もさせようとする場合が少なくなく、そうすると物事が進みません(が、様々な事例を集めていると、政策決定まで委ねてしまう場合があったりします)。

というわけで、草莽塾は、昨年度の経験から大丈夫なんですが、一応、再確認の意味を込めて、①草莽塾は政策提言の組織であり、②その提案された政策の中から、実際に政策として決定するのは市長はじめ部長さんたちの役割、ということを言及させていただきました(これは自治体シンクタンクにも言えることです)。

とりあえず、草莽塾は、政策提言したので、役目は終わりました(ので、先日、今年度の草莽塾は解散しました)。あとは、市長はじめ執行部の方々に任せるステージで、結果的に、決定された政策がなかったとしても、それはそれでよいと思っていますし、決定された政策がなかったから、草莽塾が否定されたことにはつながらないと思っています。

↑全般的に、ややこしい文章ですねぇ・・・。

|

« 今年度の磐田市草莽塾が終わりました。 | トップページ | 行政は間違ってもいい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政策提言と政策決定の主体の違い。:

« 今年度の磐田市草莽塾が終わりました。 | トップページ | 行政は間違ってもいい。 »