« 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 | トップページ | 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 »

2012年4月12日 (木曜日)

「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。

●「法律発展型」条例

・岸和田市高齢者交通安全条例

岸和田市条例は「本格的な高齢社会への移行に向けて、高齢者の交通安全対策が重点的に取り組むべき課題であることにかんがみ、高齢者の交通安全に関し、基本理念を定め、市及び市民の役割を明らかにするとともに、高齢者に優しい交通環境の整備及び充実について必要な事項を定めることにより、高齢者の交通事故の防止を図り、もってすべての市民が安全で快適な生活ができる交通社会の実現に資すること」を目的としている(第1条)。

同様の目的を持った条例は、川本町(島根県)の「高齢者を交通事故から守る川本町交通安全条例」や宿毛市(高知県)「宿毛市高齢者交通安全教育推進に関する条例」、土佐清水市(高知県)の「土佐清水市高齢者交通安全対策の推進に関する条例」など少なくない。いずれの条例も「交通安全対策基本法」が土台となっている。

・和光市高齢者住宅条例 

和光市(埼玉県)の「和光市高齢者住宅条例」は「住宅に困窮している高齢者に住宅を提供する」ことが趣旨となっている(第1条)。同様な趣旨の条例は、練馬区(東京都)の「練馬区立高齢者集合住宅条例」や港区(東京都)「港区立高齢者集合住宅条例」など多々ある。これらの条例は「公営住宅法」が基本となっている。

・倉吉市高齢者虐待防止条例

倉吉市(鳥取県)には、「倉吉市高齢者虐待防止条例」がある。倉吉市条例は「高齢者に対する虐待が高齢者の人権を侵害し、高齢者の心身の健康又は生命に重大な影響を及ぼすことから、高齢者虐待の早期発見及び高齢者虐待に対する対応の迅速化により、高齢者虐待の防止を図り、もって高齢者の福祉の増進に資すること」を目的としている(第1条)。同様な条例は千葉市の「千葉市高齢者虐待の防止に関する条例」がある。

一方で、中津市(福岡県)には「中津市高齢者虐待防止ネットワーク運営委員会設置条例」がある。中津市条例は「市及び地域の関係機関等の連携により、地域における高齢者に対する虐待を防止するため、中津市高齢者虐待防止ネットワーク運営委員会を設置する」ことが趣旨である(第1条)。倉吉市条例も中津市条例も「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づき、それぞれの地方自治体の地域性にあわせて、独自の観点を入れた条例を制定している。

|

« 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 | トップページ | 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。:

« 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 | トップページ | 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 »