« 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 | トップページ | 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 »

2012年4月15日 (日曜日)

「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。

●「施設設置型」条例

・中野区立高齢者デイサービス施設条例/唐津市高齢者ゲートボール場条例 

中野区(東京都)の「中野区立高齢者デイサービス施設条例」は、「介護を必要とする在宅の高齢者に対し、必要なサービスを提供することにより、当該高齢者及びその家族の福祉の向上を図るため、中野区立高齢者デイサービス施設を設置する」ことが趣旨となっている(第1条)。

また、唐津市(佐賀県)の「唐津市高齢者ゲートボール場条例」は「高齢者の健康増進及び高齢者相互の交流促進を図るため、唐津市高齢者ゲートボール場を設置する」ことが目的である(第1条)。

既に言及したが、公共施設(公の施設)は条例化が義務付けられている。地方自治法第244条の2は「公の施設の設置、管理及び廃止」を定めており、「普通地方公共団体は、法律又はこれに基づく政令に特別の定めがあるものを除くほか、公の施設の設置及びその管理に関する事項は、条例でこれを定めなければならない」と明記されている。そこで、高齢者が中心に使用・利用する公共施設は、必ず条例化されている。

|

« 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 | トップページ | 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。:

« 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 | トップページ | 「高齢者」を対象とした条例の背景と傾向。 »