« 議会事務局の存在意義。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

2012年6月 2日 (土曜日)

大学生のレポート。

大学生のレポートを添削していると、日本語のおかしいレポートがあったり、段落のないもの、「。」から「。」までが600字くらいあるもの(しかもその間に「、」がほとんどない)、明らかに友人のレポートを(ほぼ)丸写ししているものがある。

当初は、こういうレポートに苛立ちを感じ、きわめて不愉快な思いだったけど、最近は、かなり慣れてきてしまった。

レポートの中に絵文字が入るのも、年ごとに増加している。当初は「絵文字なんか使うなよ・・・」と思っていたけど、最近は、そう思うこともしんどくなり、絵文字の入ったレポートを、何事もないように採点している。ちなみに、最近は、大学の学科のコース名に絵文字を採用しているところもある【ここ】。「日本語日本文化(^^)コース」だって。こういう大学もあるのだから、「レポートに絵文字を使っちゃいけない」なんて言えなくなるよなぁ・・・。

これからどんなレポートがでてくるのかが楽しみというか恐怖です。。。

|

« 議会事務局の存在意義。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学生のレポート。:

« 議会事務局の存在意義。 | トップページ | ホテルの窓から。 »