« 行政観光。観光行政ぢゃないのよ。 | トップページ | いただきました。 »

2012年6月22日 (金曜日)

行政観光の意図。

行政観光をすすめることになった、そもそもの私の意図は、「住民に行政の現場を知ってもらいたい」ということがあります。

というのは、公務員バッシングが、あまりにも実態を知らないで、勝手に言っているところがあるからです。行政を観光して、現場を少しだけでも見れば、「一般的に言われている現状と違うじゃん」となり、根拠のない公務員バッシングに気がつくと思ったからです。

また、行政の立場に立てば、定期的に観光としてでも、外の目が入ることにより、仕事にいっそう力が入ると考えたからです。ある自治体の職員研修は、住民に対しても公開していますが、真摯に研修に取り組む自治体職員をみて、自治体の存在を高評価する一方で、研修に住民の目が入ることで、自治体職員は、より一生懸命に研修に取り組むという、双方に好循環がうまれます。こんなことを意図して、行政観光をすすめているのです。

行政観光なんて、まだ草創期なので、軌道に乗せるのに、なんとも苦労していますが、上記を実現するために、まだまだ頑張ろうと思っています。

|

« 行政観光。観光行政ぢゃないのよ。 | トップページ | いただきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政観光の意図。:

« 行政観光。観光行政ぢゃないのよ。 | トップページ | いただきました。 »