« 自治体研修に住民も参画する。 | トップページ | とりあえず、むかついています。 »

2012年8月16日 (木曜日)

B級グルメ・シンドローム。

最近は、地方議員さんとも交流が多くなっています。自民党(系)や民主党(系)、公明党など、地方政治レベルですが、交流があります。これだけ見ると節操がないような気もするのですが、国政ぢゃないからいいかな・・・とも思っています。

話は変わりますが、先日、B級グルメについて、某新聞社の記者さんと意見交換しました。

0001

このグラフは、主要4紙における、1年間に「B級グルメ」という語句が登場した回数になります。2006年、2007年頃から急拡大しています。この様子だけをみると、まさに「B級グルメバブル」や「B級グルメシンドローム」と称することができそうです。

「とりあえずB級グルメでいこう★」という安易な考えも少なくないようで、ちょっと心配です。10年後に、いまの状況を振り返ったら、「ただ単にB級グルメは、地域をかき乱しただけ」ということもあるかもしれません。

地に足のついたB級グルメが大切でして、そのためには、「なんでB級グルメに取り組むのか」という点を明確にしなくてはいけないと思います。特に、自治体は、ちょっとブームになると、なんでも乗っかってくる傾向が強いので、よくよく考える必要があると思います。

|

« 自治体研修に住民も参画する。 | トップページ | とりあえず、むかついています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B級グルメ・シンドローム。:

« 自治体研修に住民も参画する。 | トップページ | とりあえず、むかついています。 »