« 今夜の食事。 | トップページ | なまはげ、いただきました。 »

2012年10月19日 (金曜日)

政策づくり。

「政策立案」や「政策形成」という言葉を目にすると、嫌悪感を抱く自治体職員が少なからずいます。「政策立案」や「政策形成」に不快感を持ち、中には拒絶する職員もいます。

そのため手あげ方式(公募)で政策形成研修を実施すると、なかなか人が集まらないことが多々あります。しかし、これからの時代は、こういう状況ではいけないと思います。

政策の意味を辞書で調べると、「政府・政党などの施政上の方針や方策」と明記されています。また同時に「目的を遂行するための方針・手段」という意味もあります。政策立案や政策形成とは、単純化すると、物事の方針や方策づくりであり、目的遂行の手段を提示することになります。実は、そんなに難しい概念ではなく、比較的身近な考えになります。

例えば、博多に出張する際に、飛行機で行こうか、あるいは新幹線で行こうか、という方針を考えることになります。どのルートを通ろうか、そしてどのホテルに宿泊しようか・・・と検討することも、ある意味政策づくりになります。

政策立案や政策形成は、私達の日常生活の中で、普通に実施されていることになります。それほど難しい内容ではないのです。

自治体職員の中には、「政策立案」や「政策形成」という言葉に勝手に恐怖心を抱いている状況があります。また、食わず嫌いの傾向も少なからずあります。さて、ここは気持ちを新たに、一歩踏み込んで、政策立案や政策形成に取り組んでみてはどうでしょうか。

|

« 今夜の食事。 | トップページ | なまはげ、いただきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政策づくり。:

« 今夜の食事。 | トップページ | なまはげ、いただきました。 »