« 重要な研修担当課の役割。 | トップページ | 自治体研修のまとめ。 »

2012年12月 9日 (日曜日)

自らの地方自治体を愛する職員をつくりあげる。

学生に地方自治体への志望動機について尋ねると、特定の地方自治体を目指している場合は少ない。多くの場合は「地方公務員になりたい」という回答がかえってきます。

すなわち地方自治体ならば、どこでもよいのである。

昨今では、地方自治体の世界にも格差が生じつつあり、ブランド自治体が登場しつつあります。そういうブランド自治体を目指す大学生も存在しますが、一握りです。

一般的には、多くの大学生は地方公務員になりたくて、不特定多数の地方自治体を目指すことになります。そして、 晴れて自治体職員になった後、自らが勤務する地方自治体に愛着心を持っていないことが多い。

そのような職員が開発する政策は「どこふく風」という感じで、当事者意識が欠如しています。これでは住民の福祉は増進されません。

今日、様々な研修が用意されていますが、まずは「自分たちの地方自治体に愛着心を持つ」研修を実施する必要があるだろう。入庁した当初、「地方公務員になりたかった」だけの学生でも、自らの仕事に価値を見出すと「愛着心を持つ自治体職員」に変貌していくケースもあります。そのような自治体職員をつくりだすことが、これからの人材育成になります。

|

« 重要な研修担当課の役割。 | トップページ | 自治体研修のまとめ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自らの地方自治体を愛する職員をつくりあげる。:

« 重要な研修担当課の役割。 | トップページ | 自治体研修のまとめ。 »