« 自治体研修では講師が重要です。 | トップページ | 自らの地方自治体を愛する職員をつくりあげる。 »

2012年12月 8日 (土曜日)

重要な研修担当課の役割。

研修担当課に所属する職員は、自治体研修のプロデューサーでなくてはいけないと思います。より具体的に言うと、自治体研修に参加した職員の「思い出づくりのプロデューサー」になります。

ここで言うプロデューサーとは、自治体研修全体を統括し、参加した職員に「ああ、研修に参加してよかった」という思いを抱かせる者をいいます。研修担当課が「思い出づくりのプロデューサー」ということを認識していれば、研修生のモチベーションを高める様々な手段は自発的に実施することになります。そして、もっとよいアイデアも登場すると思います。

現在の自治体研修がなかなかモチベーションを高めることができないのは、研修担当課の職員が「職業公務員」になってしまっているからと考えます。

担当者が「やる気(少)ない」のに、参加する研修生が「やる気マンマン」ということは少ない。担当者の「やる気なさ」が、研修生にも伝播していく。 担当者が自治体研修を単なる業務として捉えてしまうと、そこには温もりがない。 そのような職員が運営する自治体研修は無味乾燥であり、参加する職員にとっては面白くないし、役に立たない内容となってしまいます。なので、注意が必要です。

そんなことも実感しています。

|

« 自治体研修では講師が重要です。 | トップページ | 自らの地方自治体を愛する職員をつくりあげる。 »

コメント

研修担当者は、その多くが兼任で、しかも、毎年同じメニューを出すだけの場合が多いのでしょう。
そう人の問題です。

私も以前から、人事担当をと申し出ているのですが、聞き入れてもらえません(笑)

投稿: M市T | 2012年12月 8日 (土曜日) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重要な研修担当課の役割。:

« 自治体研修では講師が重要です。 | トップページ | 自らの地方自治体を愛する職員をつくりあげる。 »