« ようこそ2013年。 | トップページ | 議員提案政策条例をどうするか。 »

2013年1月 2日 (水曜日)

人口増えても減っても悩んじゃう。

先日、こちらのブログで、PCのことを書きましたが、勇気を持って、お店に言ったら、PCを交換してくれました(自宅PC)。

あと、ウルトラブックも購入しまして、なんとなく新年とともに心機一転で頑張ろうという気持ちです(が、この思いが、いつまでつづくことやら・・・)。

話は変わりますが、いま多くの自治体が人口減少に悩んでいます。「どうすれば人口を増加することができるか・・・」という悩みです。私も、よく相談を受けます。結局は、個別個別により、人口を増加する方向も異なってくるので、担当職員たちと一緒に汗をかきながら考えています。

一方で、私は人口が増えている自治体にも関わりを持っています。そういう自治体は「人口が増加しているから安泰だ」というわけではなく、「高齢者人口が増えてどうしよう」とか「新住民と旧住民の対立をどうしよう」という、結局、人口が増加しても悩んでいます。

つくづく、「私たち日本人って、悩むことが好きだな・・・」なんて思っていしまいます。

人口が減少してもマイナス面だけを見るのではなくプラス面もあるはずです。そこに注視して伸ばしていくことが重要かもしれません。一方で、人口が増加してもやはりマイナス面は登場するものです。そこばかり捉えるのではなく、人口増加のメリットを享受した政策づくりが求められるのかもしれません。

また、問題に注視するのならば、どういう負の問題が発生し、その問題を防ぐにはどうすればいいかを考えて、先手先手で事業を実施していくことが大切と思います(が、自治体は様々な理由から、動きが鈍い現状もあります)。

今年も、様々な現場に行き、いろんな方にお会いしたいと思っています。

|

« ようこそ2013年。 | トップページ | 議員提案政策条例をどうするか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人口増えても減っても悩んじゃう。:

« ようこそ2013年。 | トップページ | 議員提案政策条例をどうするか。 »