« 職業首長。 | トップページ | 活発化する自主勉強会。 »

2013年3月16日 (土曜日)

基本、上司に原因がある。

0858

県庁所在地の都市になります。この地域って、私の住んでいる地域と比較して、人口は3分の1程度なのですが、行政施設はすごくそろっています。やはり県庁所在地だからでしょうか(行政施設はそろっているけど、行政サービスが充実しているかどうかは別問題です)。

次回は7月に伺いますので、よろしくお願いします。

以前、このブログで、指摘したかもしれないのですが、A自治体で政策が提言されで、上司は「OKOK」という感じで事業化されて、それなりに効果がでています。一方で、B自治体でも同様な政策提言があったのですが、上司が「NONO」という感じで事業化されることはありませんでした。これは、私にとっては、とても関心あることなのです。

ほぼ同じ政策提言なのに、A自治体では実施されて効果がでて、世間(マスコミ)も注目している。一方でB自治体では上司の「NO」という一言により、その政策提言が日の目を見ることがなかったのです。

私が考えるに、上司が政策提言の良し悪しを判断できない状態にあるのです(政策の良し悪しを理解できないといったほうが正しいかも)。なので、私は若い職員を中心に、政策系の研修を実施しているのですが、B自治体のような上司(自治体職員)になってはほしくない思いで、研修を実施しています。

本当は、B自治体の上司は、せっかくのチャンスをつぶしてしまったのだから、何かしらのペナルティが科されるべきなんですが、その上司の上司も政策りの良し悪しが判断できない状態にあったりするのです。本当は、そういう上司を変えなくてはいけないのですが、うん十年も自治体職員をしてきたので、変えることは難しいですよねぇ・・・。

|

« 職業首長。 | トップページ | 活発化する自主勉強会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基本、上司に原因がある。:

« 職業首長。 | トップページ | 活発化する自主勉強会。 »